話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

東方龍人譚 ~龍神を統べる少年~

ko-suke

10話 博麗ノ巫女ト龍人




ゴードは幻想郷の上空を飛んでいた。昨日の夜、いろんなことを教えてもらった。ゴードがいたあの森は「魔法の森まほうのもり」と呼ばれる場所であること。アリスが人形遣いだということ。魔法も使えるということ。などなど。

ゴード「あの、アリスさん」

アリス「何かしら?」

ゴード「聞いてなかったんですが、アリスさんの肩のあたりに浮いている人形、名前とかあるんですか?」

アリス「えぇ。この子は上海シャンハイよ。他にも色々いるけど。ちなみに、昨日、貴方を見つけたのも上海よ。」

上海「シャンハーイ」

ゴード「へぇ、そうだったんですか。可愛くて、お利口な子ですね」

アリス「でしょう?」

上海「シ、シャンハーイ////」

そんな他愛もない話をしていると、

アリス「ほら、あれが博麗神社よ。」

ゴード「あれがですか。the 神社って感じですね。」

アリス「どういうこと?」

ゴード「あ、いえ、俺の世界だと、こういう神社だけじゃなくて、変わった神社もあるんです」

アリス「へぇ、それは驚きね。」

アリスとゴードは地面に降り立った。

アリス「ゴード、お賽銭さいせんを入れなさい。そうすれば、霊夢は絶対こっち来るから」

ゴード「は、はい(お金で動く巫女って・・・)」

ゴードは賽銭箱さいせんばこに、現代でいうところの1500円くらいを入れた。
すると、「ガラッ」という音がした。
そのほうを見ると、いかにも巫女という格好をした人が立っていた。

ゴード(この人が博麗霊夢はくれいれいむさん・・・?)

すると、その巫女はおもむろに賽銭箱を漁り始めた。

数秒後、巫女の手にはさっきゴードが入れたお金が握りしめられていた。

??「・・・あなたが入れてくれたの?」

ゴード「え、えぇ。あなたが博麗霊夢さんですか?」

??「ええ。いかにも、私は博麗霊夢よ。」

アリス「霊夢、久しぶりね。」

霊夢「あら、アリスじゃない。珍しいわね、ここに来るなんて。」

アリス「私は案内人よ。そこの子が用があるの。」

霊夢「・・・あなた、名前は?」

ゴード「郷戸です。皆さんからはゴードって呼ばれています。」

霊夢「そう。よろしく、ゴード。で、用って?」

ゴード「実は僕、紫さんに連れてこられた外の世界の人間なんです。1ヶ月くらいは紅魔館にいたのですが、いつまでもいる訳にはいかなくて・・・その、霊夢さんがよろしければ、ここに泊めてもらえると有難ありがたいのですが・・・。」

霊夢「いいわよ、別に。幻想入りしたんだったら、挨拶あいさつ周りもしなくちゃいけないわね。後で案内してあげるわ。そのかわり、家事の手伝いをしてもらえるからしら?」

ゴード「もちろんです!よろしくお願いします!」

霊夢「えぇ。」

こうして、博麗神社に住むことになったゴードなのであった。


次回こそは長くなる(多分)

「東方龍人譚 ~龍神を統べる少年~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く