話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

東方龍人譚 ~龍神を統べる少年~

ko-suke

4話 遊ビノ終ワリ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
咲夜「・・・終わりましたね。」

こあ「はい・・・すごかったです。」

レミィ「そうね。とりあえず、咲夜。フランを部屋に連れて行ってあげて」

咲夜「わかりました。」

咲夜は「ふにゃあ~~」と言いながら目を回しているフランを抱えると、すぐに戻ってきた。すでに腕は自由になっている。

パチェ「ゴードとかいうやつも連れていった方がいいんじゃないの?」

レミィ「大丈夫よ。」

パチェ「妹には優しくするのに、客人はポイなのね」

レミィ「そうじゃないわ。ほら、あれ。」

パチェリーたちはレミリアが指さした先を見ると、ゴードはすでに意識を回復していた。所々傷があり、血も出でいるが、大したことはなさそうだった。

パチェ「嘘・・・」

咲夜「あれで本気じゃなかったんですか!?」

レミィ「いや、そうじゃないと思うわ。単に回復力がバカ高いだけ。」

ゴード「ご名答です、レミリアさん」

声がした方を見ると、ゴードがこっちに歩いていた。

パチェ「なんて回復力・・・。下手すると魔法以上よ。」

ゴード「はは、そうですか。さすがは神の龍の力ってとこですね。」

レミィ「それだけじゃない。あなたの回復力は、その適応力にもあるのよ。さっきはごめんなさい。あなたはれっきとした適合者よ。」

ゴード「謝られても困ります(汗)」

レミィ「それもそうね。とりあえず、今日は泊まっていきなさい。フランが目を覚ましたら、あなたのところに向かわせるわ。」

ゴード「え、いいんですか?ありがとうございます。何処に泊まればいいか、悩んでたんですよ。」

レミィ「咲夜。彼の部屋を。」

咲夜「承知しました。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゴード「ふぅ・・・なんかすごいことになったなぁ。こっちの世界に来たら、龍の力が宿って、しかもフランさんと戦うことになるなんて」

ゴードはこっちの世界で起きた出来事を、軽くまとめた。別に読者のためではない。いいね?
すると、

炎龍(どうだ?我の力は。)

ふいに心から声が聞こえて来た。戦闘中にも聞こえて来た声だった。

ゴード(最高だよ。龍の力がここまでなんてな)

炎龍(それはよかった。ところで、他にもお主の心に入った龍はいるのだが)

ゴード(知ってる。たしか水龍と、風龍と、雷龍だっけ?)

炎龍(あぁ。その発動条件だが、水龍は『流水』、風龍は『暴風』、雷龍は『雷神』と唱えれば使える。)

ゴード(そっか。ありがとな。)

炎龍(ふん、当然のことだ。これから、お主の心に厄介になるのだからな。)

ゴード(それもそうかw  因みになんだが、なんでほかの龍は話しかけて来ないんだ?) 

炎龍(別に話しかけることは出来るが・・・心から言葉を発してるから、ごっちゃになるぞ?)

ゴード(あ、そか。)

その時、

フラン「おにーちゃーん!」

といいながら、フランが扉をあけ、抱きついてきた。

ゴード「・・・フランさん?今、お兄ちゃんって言いませんでした?」

フラン「言ったよ!・・・ダメ?」

ゴード「いや、ダメじゃないです。」

フラン「そっか!あとね、その敬語と、フランさんって言うの、やめてもらえる?お兄ちゃんとは、対等で居たいの。」

ゴード「そうで・・・そうか。分かったよ、フラン。」

フラン「うん!その方がいいよ!それより、私、外の世界のこと知りたいな!」

ゴード「おう、教えてやるぜ!」

そうして、フランとゴードは、夜遅くまで話していた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゴード「フラン、そろそろ戻った方がいいんじゃないか?もう3時だぞ。」

かなり話し込んでいたため、2人は時間の経過に気づかなかった。時計の針は、丁度3時を指していた。

フラン「えー、もっとお兄ちゃんと居たいよ。」

ゴード「そうは言ってもだな・・・」

フラン「じゃあ、お兄ちゃん!一緒に寝よ?」

ゴード「・・・うぇ?一緒に?」

フラン「そうすれば、一緒に居れるよ!」

ゴード「ん~そうか~。・・・分かった、一緒に寝るか。」

正直、とても眠かったため、曖昧に返事をした。すると、

フラン「んふふ・・・お兄ちゃん・・・」

フランは、ゴードの布団に入ってきた。

ゴード「い、一緒の布団で寝るのか?」

フラン「うん♪それに・・・えいっ!」

ゴード「おわっ!?」

フランはゴードに抱きついた。

ゴード「ちょ、フラン!?」

フラン「えへへ・・・おやすみ・・・お兄t・・・zzz」

ゴード「は、はや・・・」

フランはすぐに寝息を立てた。とても幸せそうな顔で寝ている。

ゴード「・・・ま、いいか。おやすみ、フラン」

ゴードもフランを抱きしめ、そのまま寝床についた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゴードめ・・・羨ましいぞおい(憤慨)by作者

「東方龍人譚 ~龍神を統べる少年~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く