話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

東方龍人譚 ~龍神を統べる少年~

ko-suke

3話 破壊ノ吸血鬼ノ遊ビ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゴード一行は大図書館へとやってきた。
ここで遊ぶつもりのようだ。

「本にホコリが付くから、本当はあんまりここでやって欲しくはないんだけど・・・仕方ないわね」

と、渋々場所を提供してくれたのだ。

「ゴード!準備はいい?」

「正直、まだ自分の力がどれくらいのものなのかわかりませんが・・・大丈夫です。よろしくお願いします。」

「ふふっ、よろしく!じゃあ、ゴードからやっていいよ!まだ弾幕の打ち方とか、能力の使い方とか分からないだろうし。」

「そうさせてもらいます。弾幕は・・・えっと・・・こうか?」

フランに向かって手をかざし、念じると、光の玉が出てきた。

「そうそう!それを飛ばしてみて!」

「わかりました。・・・せいっ」

光の玉、もとい弾幕は、フランに向かっていった。が、

「私も!」

フランの弾幕によってかき消された。

「なるほど・・・。あの、僕の中のドラゴンの力って、どうやってt」その時だった。

(お主が我らの適合者か)

「!?」

どこからか、声が聞こえた。

(我はお前の心の中にいる龍だ。もう一度聞く。お主が我らの適合者か)

(・・・ああ、そうだ。) 

(そうか・・・よろしくな。早速だが、お主に我の力の使い方を教えよう。)

(ほんとうか!?)

(ああ。「烈火」と呟いてみよ。そうすれば、我の、炎の龍の力が使える。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そのころ、フランは

(どうしちゃったんだろ・・・さっきから、黙ってるけど・・・。こっちから、攻めてみようかな)

「黙ってちゃ始まらないよ!こっちから行くよ!『禁d』」

フランがスペルを使おうとした時、ゴードに変化が起きた。

「・・・烈火」

そう呟くと、ゴードは炎のうずに飲まれた。

(・・・!?なんだよ、これ!)

(我が主よ!我の、炎神龍  ボルケイノの力を使えっ!)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、観客は、とても驚いていた。

「・・・妹様のスペルでしょうか?」

「・・・いや、あんなスペル、フランにはないはずよ」

「そしたら・・・あれがゴードの・・・」

フランも

「な、何がどうなってるの・・・?これ・・・私のスペルじゎない・・・。じゃ、あれは・・・」

「・・・すみませんね、フランさん。これが・・・俺の能力です。」

渦が消え、姿が見える。

「・・・!?!?」

そこには、さっきまでのゴードとは全く違う姿があった。

さっきまで、黒かった髪と目は赤くなり、頬の一部が、龍肌のようになっていた。

「・・・こ、これが・・・ゴードの・・・」

「ええ。これが僕の能力の一部です。・・・じゃ、行きますよ。」

「・・・うん!私と遊ぼ?」

「С удовольствием」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フランとゴードの遊びは凄まじかった。

フランが放った無数の弾幕を、ゴードは炎でかき消してしまった。


ゴードが放った火炎の弾幕は、フランの  禁弾「スターボウブレイク」により落ちていく。

「すごい・・・妹様と互角にやりあってる・・・」

「このままだと、決着つかないんじゃないですか?」

「あら、そうかしら?」「・・・お嬢様?」

「確かにあの男はすごいけど、見た感じスペルカードを持ってないみたいよ。それじゃ、フランには勝てないわ」

「スペルカードを・・・持っていない?」  

「あの子はさっき能力の本質を知った。だから、あの男にはまだスペルカードと呼べるものはない。」

「た、確かにそうですね・・・。」

「それに・・・フランは、狂気になれる。あれになったら、どうなっちゃうのかしらね。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その時だった。

「あ・・・ァ・・・アハハハハハハハハッ!」

「・・・?」

「ネェゴード、タノシイ?ワタシハタノシイ・・・デモチガウ、コワシチャウ、アァ、コワシチャウコワシチャウ・・・!!」

「っ!?」

「ナニモカモコワシチャウッ!!!ダイジナモノモ!ヒトノイノチモ!ナニモカモ!!!」

「フランさん・・・」

「アハハハハハハハハッ!!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「妹様・・・!」「お嬢様!妹様が・・・!」
「早く止めないと・・・!」

「・・・。」

「お嬢様!」

「咲夜、黙ってて。」

「っ!?」

「あの男を、信じましょう。何かが起こる運命なきがするの。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「アハハハハハハハハッ!!!」

「・・・せぇよ」

「アハハハハ・・・ナァニ?ナンモキコエナイヨ?」

「うるせぇって言ってんだよ!!!」

「ッ!?」

「何でも壊す?だったら、俺を壊してみろよ!!全然壊せてねぇじゃねぇか!それに・・・お前は俺と遊んでいるんだ!さっさとこい!全部受け止めてやるっ!!」

「ア・・・あ・・・」

「ま、今のお前じゃ俺には勝てねぇけどな!」

「っ・・・言ったね!じゃ、絶対勝ってやるんだから!」

「・・・その意気ですよ、フランさん。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「私からいくねっ!スペルカード発動!禁忌  フォーオブアカインド!」

フランが4人に分裂し、さらに

「「「「スペルカード発動!禁忌  恋の迷路!」」」」

禁忌「恋の迷路」まで発動した。

(・・・これは・・・。)

ゴードは一瞬迷ったが、

「ここはっ・・・!インスタントスペルカード発動!」


「インスタントっ!?」

「創作術  龍の千里眼!(ドラゴンアイズ)」

インスタントスペルカードなるものを使い、

(・・・見えたっ!)

本物のフランを見つけた。

そして

「おらぁぁぁぁぁっ!!!」

突っ込んだ。弾幕を避けることなく。

「!?なにやってんの!?死んじゃうよ!?」

「死なないですよ! 」

ゴードは突っ込んで、フランの目の前に来た。もちろん、ボロボロである。

「インスタントスペルカードっ!」

「また・・・っ!」

「束縛術  龍の雄叫び!」

「・・・!?体が・・・動かな・・・!」

そして。

「インスタントスペルカードっ!」

「火炎劇  蕭々大火炎!(しょうしょうだいかえん)」

炎がフランを包み込む。ゴードの勝ちに思えた。が、

「ぐがぁっ・・・!」

さっきまで受けていた弾幕のダメージで、倒れ込んでしまった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー「С удовольствием」とは、ロシア語で、「喜んで」の意味です。なんでロシア語なのかって?知らんな。

「東方龍人譚 ~龍神を統べる少年~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く