話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神をも超えるスキルを持って異世界を完全攻略する!!!

八坂愛澄

プロローグ

なんにもない平日の朝だった。
俺「成神迅斗」はいつもの時間に起きて、いつものように朝食を取り、いつものように学校に出かける。
成神迅斗は物心ついた頃から成神の一族だということで、すべての派流を組み合わせた成神流の訓練を受けていた、才能は極々平凡だが俺には、
一回見た相手の剣術・体術などを一発で覚えられるという特技を持っていた。
中学生の頃、気まぐれで始めた剣道も成神流にかかれば造作もないので、3年連続全国1位という結果を取ってしまってもいた。
そのおかげかはわからないが、成神流も自分の派流へと変化していっていた。
なぜかそんなことを考えながら学校へと行ってると、大きなトラックにしゃがれそうになっている幼女・・・ゲフンゲフン、子供を発見したのであった。
そう此処までは良かったのだ、俺はなぜか知らないが気がつくと体が動いておりその子供を吹き飛ばしていたのである。
「たしか俺は・・・あぁ死んだのか!なぜだろう全然死んだ感じがしないんだけど」
と考えていると、眼の前にはさっき俺が助けた幼女もとい子供が立っていたのである。

『本当にスンマセンでした』

「???」

この生活感漂う空間で急にそんなことを言われ俺は少し戸惑っていた。
ちゃんと見てみると、変わった服装である彼女が頭を下げていたのである。

「えーっと、俺は死んだの?そして貴女は?」

ちゃんと頭を下げていた幼女に、声をかけるとその幼女は頭を上げる。
髪は銀色に輝き、顔は幼女ながらも俺が見た中では、ダントツに可愛い。
服装はよくわからないが、そういう本を読んでいる人にはわかるのであろう服を着ていた。

『貴方を死なせるつもりはなかったんです。
まさか降り立った場所にトラックが走っているとは思っていなくて、
とっさに力を使ってしまって・・・ 本当にすいませんでした』

「わかりました。 ですのでもう頭をあげてください」

そういうと彼女は慌ただしく頭を上げていた。

「あのぉ~~~質問いいですか?」

『はい 私が答えられる範囲であれば』

「まずあなたは誰なのですか?」

『私は、貴方が生きていた世界の管理をしておりました セフィスト と申します。』

そうだ、俺は助けるつもりもなかったのに勝手に体が動いて・・・・

『管理神が人間の生死に関わることはしていけないのに、関わるどころか、私が直接殺してしまうなんて・・・ 誠にすいませんでした』

やっと、理解した。 俺は、本当に死んだらしい。

「神をも超えるスキルを持って異世界を完全攻略する!!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く