東方疑心録

にんじん

解決策

「まずいな…。」

剣は呟く。実際、自分の能力が効かずさらには相手がさとりとなると乱暴にはできない。

「どうすればいいか迷っているようですネ。言っておきますが、その薬は時間で治るものではありませんヨ。」

「なっ?!じゃあ、さとりさんはどうなるんだよ!」

「うーーン、」

青龍はしばらく考え込むと、

「このままだと、ずっと暴れ続けてしまいには体がボロボロになり死ぬでしょうネ。」

と告げる。

「お前!さとりさんをもとに戻せ!」

剣は青龍に飛びかかるが、

「ぐあっ!?」

暴走化したさとりの弾幕により吹き飛ばされてしまう。

「さとりさん…正気に戻って……。」

剣はさとりに呼び掛けるがさとりは何も言わない。

「話す必要性を感じていないんですヨ。それではあなた達がどうするか楽しみですネ。それでハ。」

唐突に青龍はそう言い残すと姿を消す。

「待て…いや、今はさとりさんを元に戻すのが先だ。」

剣は必死に考える。

「(どうしたら元に戻せる?妹のこいしにすら攻撃をしたのだからかなりやばい…時間経過でもとに戻らないとするとどうすれば……ん?これは………そうだ!その手があった!)」
          ・・・・
剣は足元に落ちていたあるものを見つけて思い着いた。
それを拾うとこいしに近づき、あることを頼む。

「こいし、頼みがある。これをもってあるところにいってほしい。」

「これは……わかった。」

こいしはそれだけで剣がどうしてほしいかを理解したようだ。

「お兄ちゃんはどうするの?」

こいしに聞かれ剣は答える。

「ここでさとりさんを食い止める。これ以上暴れさせないように。」

「わかった、気をつけてね。」

そういうとこいしはあるところに向かっていった。剣はさとりに向き直ると、

「さとりさん、ちょっと荒っぽくなるかもだけどおとなしくしていてくださいね!」

と、自分を奮い立たせた。








「無事でいてね、お兄ちゃん……」

こいしは空を飛びながら呟いた。

「東方疑心録」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く