東方疑心録

にんじん

人里防衛戦 序章

「これは…ひどい…」

スキマで人里に来た剣達が目にしたのは前に見た活気のある人里ではなかった。家は壊され窓も屋根もボロボロであちこちで火事が起きていた。人はいない。逃げたのだろう。

「これをあの化け物が全て?」

「そうよ、紫の話しによると集団でいきなり現れて人里を襲ったそうよ。」

「なんでそんなことを?」

「わからないわ。とりあえず今はこの化け物達を倒さないと。」

するとその言葉を待っていたように突如スキマが現れた。そこからでてきたのは地底のさとりとこいし、そして守谷の早苗と諏訪子と神奈子だった。

「ひさしぶりだけど今はそんな時間はないわよ。」

紫も現れた。

「ごめんなさい、遅れたわ。」

そこへ、レミリア、フラン、咲夜が来る。

「来ればいいのよ。」

そして紫が話し始める。

「皆も見ればわかると思うけど人里が謎の化け物に襲われているわ。だからそれを片っ端からつぶしてほしいの。敵はこの人里の東、西、南、北そして中心部で暴れているわ。だから手分けして倒してちょうだい。」

「では東は私とこいしが担当します。」

「西は守谷が担当します。」

「南は私達が担当するわ。」

「それじゃあ私と妖夢が北をやるわ。」

一通りの担当が決まったところで霊夢が

「じゃあ中心部は私と剣が…」

「ちょっと待つんだぜ!私もやるんたぜ!」

霊夢の声を遮った方を向くとそこには魔理沙がいた。

「魔理沙!?どこにいってたのよ!」

「悪い、ちょっと出掛けてたんだぜ。」

魔理沙にくってかかる霊夢。それを

「戦力が多いのはいいことよ。それじゃあ魔理沙は霊夢達とでいいかしら?」

「もちろんだぜ!」

担当が全て決まったところで紫が

「それじゃあ皆、人里にこれ以上被害がでるのをくいとめるわよ!」

カツをいれる。

「「「「「おおーーー!!」」」」

こうして僕達の人里での戦いが始まった。

「東方疑心録」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く