白の塔の歌姫と黒の塔の檻姫

幸せを願う道化師

第4幕「幸せの消える音…」

彼女は言った。
「そう、取引彼女ががあなたの元に戻るようにしたあげる。そのために…500万でいいわ」と彼女に言われクラリスはその場から逃げるように帰った。
(500万なんて無理に決まってる…)と思いながら、走ると知らないところに来てしまった。そこは町外れのクズが行くような場所だった。そこには女と酒が乱れている場所だった。見回していると肩を捕まれた。
「おい、姉ちゃんいい顔してるじゃないかいいねその顔誰かを殺す顔だ。うちの店で働きないか?」うさ臭い男が話しかけたてきた。
クラリスは何を考えたのか「いいわ!、やったあげる」と、睨みつけながら言った。
そして、クラリスは闇に落ちていった。クラリスは自分の体を売り資金にした。全てはアイネのため、アイネが私を見てくれればという気持ちで自分を捨てていった。

風が吹き荒れる日にクラリスはもう一度彼女の家に行き、金を渡しアイネの取り戻す方法を教えて貰った。
月が神月の日、クラリスがアイネの塔に行った。



……To be continued

「白の塔の歌姫と黒の塔の檻姫」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く