白の塔の歌姫と黒の塔の檻姫

幸せを願う道化師

第3幕「異常愛」

クラリスはアイネが来なくなり、孤独になってしまいました。
ある日、家にカラスがやってきて言いました。
「君がそんなに彼女が望むなら僕がご主人様の所へ連れてってやるよ。」
とクラリスを誘惑しクラリスはそのカラスのご主人様の所へ行った。
そこには誰も寄り付かなそうな小屋の中入ってみると一人の女が大きな竈に水を入れニヤニヤ笑っていた。
「何してるの?」とクラリスが聞くと、彼女はクラリスの顔を水に付かずけ見せてくれた。
そこにはアイネと見知らぬ男が幸せそうに笑っていた。
「いや、いやいやいやいやいやいやイヤイヤイヤイヤ…そんなのイヤ…アイネがほかの人と話すなんて…そんなの望まない…嫌よ」と言って怯えた。
それを見て、「ねぇ、なら私と取引しない?」と、彼女は言った。
「取引?」クラリスが聞くとまたニヤニヤと笑い始めた。



……To be continued

「白の塔の歌姫と黒の塔の檻姫」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く