白の塔の歌姫と黒の塔の檻姫

幸せを願う道化師

第一幕 「別れ」

むかしむかしある所に、小さくても幸せな国がありました。そこでは何年も戦争はなく平和な国でした。
ある日、その国の王妃に双子の娘がうまれました。姉の名を「アイネ」、妹を「クラリス」と名ずけ可愛らしい娘を授かりました。
しかしそこから、戦争が始まり、二人は森の両端にある白い塔にアイネを、黒の塔にクラリスを済ませることになりました。
18年後二人はスクスク育ち、だけども二人は自分たちが姉妹だと知らず育ちました。それもそのはず、二人は18年間1度も会ったことがなかったのです。
……To be continued

「白の塔の歌姫と黒の塔の檻姫」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く