女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

239話 第1回同〇大会?




大和「却下で。」

雫「良いですねそれ!そうしましょう!」

聖菜「大和くんと寝れる~♪」

大和「あのー・・・」

加奈「大和と一緒に・・・フフフ・・・」

奈緒「大和先輩と、久しぶりにイチャイチャ出来るのです!やったのです!」キャッキャ

大和「もしもーし、聞こえてますか?」

愛菜「・・・大和先輩になでなでしてもらう。あわよくばキスも。」

大和「うん、話を聞く気が皆無かいむのようだな。俺帰るわ。」スッ

理子「どこへ行くんだァ?」ガシッ

聖菜「地獄の果てまで着いてきてもらうよ?」ガシッ

雫「あきらめましょ、そうしましょ」ガシッ

大和「オワタ」

俺は椅子イスしばり付けられ、目の前で行われる準備を、ただ眺めるしかできなかった。



聖菜「準備完了!これでバッチリ!」

ついに完了してしまった。目の前には、敷布団と掛け布団があった。ご丁寧ていねいにも、掛け布団は薄い毛布だ。ルールとしては、寝た、または5分たったら交代らしい。

大和「俺は何すりゃいいんだ?」

理子「ただ一緒に寝てもらう。ただし、私たちを抱きしめながらね。」

大和「聞いてねぇぞそんなこと。」

理子「だって今思いついたんだもの。大丈夫、悪いようにはしないから・・・ぐふふ。」

大和「胡散臭うさんくせぇ・・・信用出来ん。」

理子「まず私からね!」

聖菜「は?理子ちゃんはもう体験してるでしょ?」

理子「まずはお手本を、ね?」

大和「無視ですかそうですか。ってか、ね?じゃねぇよ。」

雫「このままだと、まためんどくさい事になりそうですし、理子ちゃんからでいいですから、早くしてください。」

理子「はいはーい」

そう言って理子は、俺の縄を解いた。また無視されたンゴ・・・。

大和「理子、お願いだから変なことはするなよ?ちょっとでもその傾向けいこうが見られたら、直ぐに逃げるからな?」ヨイショ

理子「はいはい、分かってるよ。」ヨイショ

俺と理子は布団に横になり、掛け布団を掛けてすぐ、理子を抱きしめた。

理子「ひゃ・・・!や、やっぱ緊張するね、これ。」

大和「じゃあやめようぜ。周りからの目がきつい・・・。」

理子「やめるわけないでしょうが紅しょうが。」

大和「お前なぁ・・・。」

理子と俺を見る皆の目からは、うらやむ感情とにくしみの感情が読み取れた。というか、何人かは口に出していた。 
と、次の瞬間。

理子「ふふ・・・いまかりゃわらひのどくしぇんたぃ・・・む・・・zzz」

理子は油断ゆだんでもしたのか、開始数秒で寝てしまった。

聖菜「よし寝た!終了!」

理子「・・・んぇ?あ、寝ちゃった・・・。」

大和「流石としか言えん。この状況でよく寝れるな。」

理子「大和の体温が心地よくてつい・・・。」

大和「恥ずかしいからやめてくれない?」

理子「えへへ。大和、結k」

奈緒「はいはい失格者はしまっちゃおうねーなのです。」ズルズル

理子「えちょ、大和ー!助けてー!」ズルズル

大和「ドンマイ、理子。」

・・・さて、俺はこれをあと5回もやらなきゃならんのか?色々とヤバいわぁ・・・。

俺の理性、頼むからもってくれよ・・・!


コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆


・颯★改さん
「大和を一緒に練るとは。(難聴)」

→打ち間違えたのかと思って、何度も確認してしまいました。ネタコメで良かったです。(安堵)

大和「これだけだと思うなよ?真相は、他のコメで、な。」

というか何を練るんだろう。〇るね〇〇〇ねかな?


・澪燈さん
「頑張れ巨〇勢
ちっちゃくちっちゃく笑
ジェリーくらいが一番いいのかもなー」

→理子「それはちょっときついなぁ・・・小さくするのは・・・。」D

聖菜「小さいよりは、大きい方がいいと思うんだけどなぁ・・・。」C(こちら側ではあるが、実は平均)

雫「およよ・・・大和くんは貧〇好き・・・およよ・・・」E

中守「(゜д゜)」F

ジェリー「やっぱり、小さいは正義です!」B(Bも結構大きいよね by作者)


・アニメ好き不登校さん
「聖菜「嘘だね。顔に思いっきり、隠し事してますかって書いてあるもん。大和くん、顔に出やすいよね~。」
疑問形?w」

→誤字りました。申し訳ございません・・・。

大和「2つ前のコメで安堵して、このコメが来た時の心境は?」

めっちゃ恥ずかったぜ・・・。


・てぃーあさん
「大きいは小さくできる(`・ω・´)キリッ
だから大丈夫よ大きい勢は
小さいほう?
どうにmブベッ」

→理子「小さくするより、効率的な方法がある!それは、大和を巨〇好きにすることだ!てことで腕は頂いた!」ギュッ

雫「ということで大和くん、覚悟してくださいね?お背中、失礼します。」ムニッ

聖菜「貧〇勢に負けてたまるもんですか!もう片方の腕にそい!」ギュッ

大和「残念だったな、俺の気持ちは変わらん。〇は小さい方が良き!」

3人「「「ちっ」」」













はい、またこのパターンです。男女が同じ夜具で寝ることを、「同衾どうきん」と言うらしいので、今回は同衾編・・・でいいのかな?とりあえず、あと1、2話ってとこですかね。あとは気分次第ですね、はい。

後、コメントが〇だらけなのと、変態すぎるのは、仕様です。


「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 颯★改

    ハッハッハッハー!
    随分と愉快なことになってるね?
    見せつけるみたいにイチャつきおって!
    食らえ!嫉妬と怒りと哀しみのファイナルスパーク!!!
    避けたところで粘着床。
    よし、ハーレムの皆、あと任せた。

    1
  • 澪燈

    大和ばっかモテてるから世界中の男共がモテなくて泣いてるぜ
    女神様s、見てるだけで一緒に寝れないからってそんなに泣かないでください洗濯物が乾かないです
    そんな涙はポイしましょ?
    その代わりに大和と会えたときにとびきりの笑顔で迎えてドキッとさせましょうよ
    男はみんな笑顔が好きです

    まって彼女ちゃん何を取り出しているのかな?待って?大丈夫女神様sに俺は惚れてないよーっ?!
    彼女「問答無用オオオオオオオオ!!」
    ひぎゃーーっ?!!?!

    1
  • てぃーあ

    同衾には男女が肉体的関係を持つとの意味もあるので使う時は注意ですね(マジレスすみません)
    ってことは大和は…

    1
コメントを書く