女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

233話 色んな意味での地獄




 大和「ただいま~・・・。」

いつもの数倍暗い声で、俺はただいまを言った。理由はもちろん、

理子「お邪魔しまーす!あ、今日からはただいまだっけ?」ニヒヒ

気持ち悪い笑い方で入ってくるこいつのことが半分。そして

小鈴「やぁやぁ理子ちゃん。ついに来たね。おにぃは渡さないよ?」

ジェリー「こんにちはです!さっそくですが、ごしゅじんさまはわたしのですよ!」

理子「2人とも言ってくれるじゃん?悪いけど、大和は私が貰うからね!」

大和「俺は物じゃねぇっつうの・・・。」ボソッ

鈴とジェリーのことで半分だ。厄介やっかいなことにならなきゃいいが・・・。



夕飯まではまだよかった。みんなでワイワイとしていたし、楽しかった。・・・地獄じごくは、それからだった。

まず1つ目の地獄はこれだ。

理子「大和、アーンして?」グイッ

大和「断る。というか、嫌いなものを寄越よこすんじゃない。」

小鈴「抜け駆けはなしだよ理子ちゃん!おにぃ、ほらアーン!」グイッ

ジェリー「わたしも!ごしゅじんさま、アーン!」グイッ

大和「人の話聞いてた?嫌いなものを寄越すなっての!きちんと食べなさい!」

理子&小鈴「「ちっ」」

ジェリー「にんじんさんは、にがてです・・・。」

蒼龍&佳穂「「大和がこんなに立派に育って・・・。」」

大和「父さん達、ウザイからやめて?」

アーン地獄。まぁこれは防げたからよし。次。

理子「大和!一緒にお風呂入ろ?」

大和「却下。」

理子「何で!?Why!?」

小鈴「当たり前だよ。おにぃは私と入るんだもの。」

大和「却下。」

小鈴「ちくせう」

ジェリー「ごしゅじんさま!おせなかをおながしします!」

大和「どこで覚えたか知らんけど、却下で。」

3人「「「じゃあいったい、だれと(ですか)!?」」」

大和「1人で入るに決まってんだろアホか。」

愛風呂あいぶろ地獄。防げたからよし。ここまでは良かった、うん。・・・ここまでは、ね。

それは、俺がお風呂から上がった時だった。

思ったより静かだったため、着替えてリビングに向かうと、3人が何かをしていた。

大和「何やってんだ?」

小鈴「ん?あ、おにぃ。これだよコレ。」ピラッ

それに書いてあった文字を読むと、そこには。

大和「・・・布団、大和のとなり争奪戦そうだつせん?」

そう書いてあった。下にはあみだくじのようなものも書いてある。

小鈴「そ。寝る時に、おにぃの隣で寝る人を決めようと思って。」

大和「ちょっと待て。隣争奪戦ってなんだ?争奪も何も、俺の部屋に寝るのは俺と理子だけだろ?」

ジェリー「ずるいずるいです!わたしたちだって、となりでねたいんです!」

小鈴「だから、こうしてアミダしてるわけ。」

大和「何それ・・・理子、お前はいいのかよ?」

そう問いかけるも

理子「・・・。」

大和「理子?」

理子は返事をしなかった。

というか、さっきから小刻みに揺れている。横に。というか震えてる。

小鈴「理子ちゃんは買収したから大丈夫!」

大和「いったい何を渡した!?」

小鈴「確認してみたら分かるんじゃない?」

そう言われて、理子の後ろからのぞき込むと、


理子「うへ・・・うへへ・・・大和の背中・・・うへへ・・・。」ジュルリ

・・・どうやって撮ったと言うのだろうか。俺の上裸の写真が手にあった。

俺は直ぐに奪い取り、ビリビリに破り捨てた。理子はしきりに、「勿体もったいない・・・」とつぶやいていた。もうやだこいつ・・・。


コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆


颯★改さん
「後でこっそり育毛剤でも送っとこうかな。
大和に」

→大和「なんで俺!?校長に送ってやれよ!俺はフッサフサだから!」

さて、どうかな?

大和「・・・作者、いい加減ぶっ飛ばすぞ?」


・澪燈さん
「じゃあ俺は除毛剤にでも中身を変えておこうかな」

→大和「俺絶対付けないからな。禿げたくないし。」

なら僕がつけてあげよう。

大和「ぶっ飛ばすって言ったよな?」


・アニメ好き不登校さん
「じゃあ俺は育毛剤の中身をデスソースにして送ろっかな。」

→大和「怒涛の3コンボで草。」

やったね大和くん!永久脱毛だよ!

大和「そこまでしてぶっ飛ばされたいのか、よしよしよーく分かった。」

だがさせない。作者の権限を使用!大和くんは寝とけ!

大和「( ˘ω˘ ) スヤァ…」


・ノベルバユーザー282314さん
「短すぎる」

→その意見はごもっともでございます。2日に1話な上、文章能力が欠如しているため、こうなっております。ですが、短いのにも理由がありまして、授業の合間とか、電車の中とか、そういう空き時間でササッと読めて、見返しもしやすい。そんな作品を目指しているためです。

見てくれた全ての人が面白いと思ってくれるような、そんな作品は僕には書けません。ですから、少しでも皆様に見て貰えるよう、2日に1話というペースにしております。1200字~1800字程と、とても短いですが、どうかご了承ください。


「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ミラル ムカデ

    大和の隣り校長で良くね?
    嫌ならボクが寝るよ?大和枕にして笑笑

    1
  • 澪燈

    俺と月兎の仲だろ?( ´罒`*)✧
    そういや親父さんレーザー脱毛にも手出し始めたんだって?
    大和、行ってこいよ
    どことは言わないけど全部剃ってこいや!笑

    1
  • てぃーあ

    破られたやつより過激なの
    ここにあるんだけどチラッ
    3人さん要る?(。-∀-)w

    1
  • 颯★改

    育毛剤の下りに乗ってくれる皆しゅき・・・。

    1
コメントを書く