女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

210話 不思議ちゃんは純粋でした?




奈緒とのイチャラブ(?)デートから2日後。まぁ、昨日事情聴取だったから、ほぼ休めてないけどさ。

今日は、メンバーきっての不思議ちゃんである、愛菜の番。

うーむ、愛菜とのデートね・・・何も想像出来ねぇな。というか、出会ってそんな経ってないし。というか前に、結果的に2人きりのデートになったこともあるし。デパートの時な。

まぁ、そんなこんなで、俺はいつもの場所へと向かうのであった。



大和「えーっと、愛菜は・・・あ、いたいた。」

俺は時間より少し前に集合場所につき、愛菜を探すとすぐに見つかった。・・・のはいいのだけど。

大和「よー・・・!?」

愛菜「おはよう、ございます。大和先輩。」

大和「お、おう。・・・愛菜、その格好は・・・。」

愛菜「・・・?ミニスカートのこと?」

大和「そう、そのこと。」

愛菜はミニスカートで来たのだが、それが、ちょっと風でも吹いたら、中が見えてしまうのではないかというほど、短かった。言い過ぎかもだけど。

愛菜「・・・今日のラッキーアイテム、ミニスカートだったから・・・。」

大和「そ、そうか・・・。でも、恥ずかしくないのかそれ?わざわざ占い通りにしなくても・・・。」

愛菜「ダメ・・・占い通りにしないと。あの占いは、絶対だから。・・・少し恥ずかしくても、我慢。」

大和「お前なぁ・・・。」

ほんと、不思議ちゃんという言葉が、ぴったりと当てはまるような子だ。

愛菜「・・・興奮した?」

大和「いきなり何言っちゃってんのお前!?」

突然とつぜん降り掛かってくる、変態言葉へんたいことばを除けば・・・な。



大和「ん、少し時間くっちまったな。そろそろ行くか。」

愛菜「・・・ん。そうする。」トコトコ

愛菜はそう言って、歩き始めた。

大和「あ、電車は使わねぇのか。」

愛菜「うん。バスの方が早い。」

俺たちはバス停に着き、バスを待った。

バスを待ってる間、男どもがチラチラと、愛菜のスカートと足を見ているとこに気がついた俺は、愛菜にバレない程度に後ろを睨みつけた。

バスに乗ってからは、愛菜には悪いが座るのは辞退じたいしてもらい、端のほうに立った。痴漢ちかんがどうこうとか嫌だからな。

こうして、何事もなくバスから降りれた俺たちなのであった。



その後、愛菜はてくてくと歩いていき、ある店の前で立ち止まった。

大和「・・・ここ?」

愛菜はコクっとうなずいた。

・・・愛菜が立ち止まったそこは、どう見ても占いの館だった。というか、どこかで見たことあるような・・・?

いや、それは置いておくとして。・・・愛菜とのデートはどうやら、占いデートになるらしい。流石としか言い様がねぇよ。


コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆


・アニメ好き不登校さん
「ラストなんか無くていいからずっと大和を振り回してw」

→ラストがある無しに関わらず、大和はこれからも、この子達にふりまわされるんじゃないですかね?w
Afterstory的な感じで、大和の高校卒業後を書くことは出来るかもですが、多分ネタ切れでグダる希ガス

大和「振り回される身にもなって欲しいぜ・・・。」


・ミラル ムカデさん
「なんだかシリアスにこの作品は似合わないと思うwww」

→そうですか?学園恋愛ものには、若いからこそのぶつかり合いだったり、シリアスな場面展開だったりが多い気がするのですが・・・。ただ○くり合うだけじゃ、つまらないと思うんですよね。

ついでに言うと、面白い話より、シリアスな話の方が得意です。作者の性格がダメダメだから仕方ないね!

大和「作者ェ・・・。」


・澪燈さん
「アニメ好き不登校さんほんとそれ笑
でも誰か一人選んだとしても
Ifストーリーとかいって全員分書きそうよね
よね?書いてくれますよね?笑
とりま大和くんは一生振り回されなさい
面白いから」

→そうですね、それもいいかもです。ifストーリーか・・・なんだったら、ラストに関わらず、他の分岐点でのifストーリーなんかも作ってみたいですね。そんな時間ないけど。今年、就職試験だし。勉強しなきゃだ・・・。(絶望)


・颯★改さん
「大和はゼウスと結ばれるのさ」

→大和「結ばれてたまるかってんだ!!誰があのジジイと・・・!」

ゼウス「誰があのガキと!!」

大和&ゼウス「「あ?」」ピキピキ


・紅龍/せきりゅうさん
「大和が最終的に結ばれる(NTる)のは奈緒のお母さんだろ?なぁ?」

→大和「そんなことしたら俺捕まるから!!俺は普通の恋がしてぇの!」

奈緒「ハーレムの時点で普通の恋じゃないと思うのですけど・・・でも、お母さんと結ばれるのば絶対ダメなのです!!」


・てぃーあさん
「まぁ、色々悩むと思いますけど頑張れ女性軍」

→理子「大和と結婚できるならどこまでもっ!」

聖菜「なんだってやってのけるよ!」

加奈「どこまでも?なんでも?・・・まぁ、あたいも大和とくっつきたいし・・・なんでもしてあげる、なんてのは・・・。」

大和「お前らなんか勝手に話進めてるみたいだけど、お前らに命令するくらいなら、俺自分から行くからな?」

3人「「「・・・ちっ。」」」


「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • アニメ好き不登校

    ミニスカ+ニーソ=萌え死!

    1
  • ミラル ムカデ

    大和がミニスカ履けよwww
    多分……wwwwww……wwwwww
    ハレム同好会増えそうwww

    1
  • 颯★改

    「大和君どうかな?僕もミニスカ履いてみたんだけど・・・













    興奮した?」

    1
コメントを書く