女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

204話 大和のSAN値は空っぽです




加奈「可愛い、可愛い、全部が可愛い!全く、最高だなこの街は!」キラキラ

大和「お、おう・・・そうか。それは良かったな・・・。」ゲンナリ

加奈はとても楽しそうだった。まぁ、それならいいんだけどさ・・・さっきから俺のSAN値がゴリゴリと削られてるんだよね。

9割近く女子な商店街で、男の俺が楽しく居られるほど、俺の心は強くなかった。もってくれよ、マイSAN値。

加奈「大和!せっかく来たんだしさ、なんか食べようぜ!テレビとかで放送されてたやつ!」

大和「ん・・・あぁ、別に構わないぞ。何食べたい?」

加奈「うーん・・・チーズのやつもいいけど・・・タピオカも捨て難いしなぁ・・・。」

大和「だったら、両方買えばいいじゃねぇか。チーズのやつは食べ物だし、タピオカって、ミルクティーのやつだろ?」

加奈「あ、そっか。大和、サンキュ!そうと決まれば、早速行くぞ!時間は待ってくれないんだから!」ガシッ  ダダダ

大和「え、ちょ!おいバカ引っ張るな!」ダダダ

加奈「やなこった!」ダダダ

・・・はぁ、全く。

加奈の違いように、驚きを隠せない俺なのだった。



加奈「うお、ほんほうに本当にる!」ニョーン

大和「食べながら喋るな。・・・にしても、タピオカミルクティー、馬鹿にできんな。普通に美味いわ。」

加奈「ムグムグ・・・ゴクン。だろだろ?あたいも好きなんだ。」

大和「へぇ。」ズズ

その後、俺たちは色んなところを見て回った。可愛い感じの店に入るのに毎回躊躇ちゅうちょし、一切慣れることはなかったが。

しかも、加奈のやつが結構ズカズカ入っていくもんだから、どうすればいいんだこれ?となったのは、1度や2度じゃなかった。

そして何より、俺を1番苦しめたのは、周りからの目。

加奈が店の中に入って、俺が15分ほど待たなくては行けなくなった時、暇なのでぶらついた所、毎回こっちをチラッと見てくる人が多かったのだ。

まぁ、普通に考えたら、こんな可愛いを具現化したような街に、もさい男が1人歩いていたら、誰だって驚くだろう。俺だって驚く。

もちろん、可愛いのがダメと言うことではないのだが、可愛いは正義という言葉の本質を、一日にして理解することとなった。



加奈「楽しかった~!」

大和「結構楽しめたな。・・・SAN値はゴリゴリ削られたけど。」

加奈「ごめんな?でも、どうしても大和と行きたかったんだ・・・2人で。」

大和「・・・良くもまぁ、そんな恥ずかしいことをスラスラと・・・。」

加奈「好きだからしょうがない。大和といると、なんだってめちゃくちゃ楽しいし、元気になるんだ。」

大和「・・・素直に嬉しいよ。ありがとな。」

加奈「どういたしまして。さ、帰ろうぜ。」

大和「だな。」

俺たちは、歩いて駅に向かった。



俺はまた、自室にて頭を抱えていた。

皆可愛いし、俺には勿体ないくらいなこばかりだ。・・・どうすりゃいいんだ、これ。

その時、今日の別れ際、加奈に言われた言葉を思い出した。



加奈「・・・なぁ、大和。」

大和「ん?」

加奈「まだ、誰にしようか、ずっと悩んでるのか?」

大和「・・・あぁ。」

加奈「・・・今すぐに決めろとは言わないけど・・・待ってる人のことも考えてくれよ?・・・大和は、一緒にいて、1番楽しい人を選べばいいんだ。きっとそれで、上手くいくよ。」



・・・一緒にいて、1番楽しい人・・・か。

・・・全員じゃん、そんなの。

俺はまたまた、頭を抱えることとなった。


コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆


・リネラス パルネさん
「まーた面白いことになりそうだなニヤニヤ」

→希望にそれたかどうか分かりませんが、こんな感じになりましたぜニヤニヤ

大和「・・・俺の不幸がそんなに楽しいか。」

はい!(素直)


・ミラル ムカデさん
「加奈さんの意外な一面が見れそうだね…
最終的には警察沙汰かな?」

→さすがに警察沙汰は・・・ねぇ?

大和「そんなことしねぇよ。警察だけは、お世話になりたくねぇなぁ・・・。」

理子「別に、○○○してもいいんだよ?」

大和「ねぇなんなの?自重しないのが流行ってるの?」


・アニメ好き不登校さん
「俺もコピペしましたw」

→あ、了解です。楽ですよね、コピペ。

理子「別に、○○○してもいいんだよ?」

大和「コピペ乙」


・澪燈さん
「理子、聖菜、はいこれ
大和の風呂上がりの写真(タオル&モザイクなしver.)」

→理子「ふおぉぉぉぉ!ふおおぉぉぉぉぉぁ!!!」スーハースーハー

聖菜「こ、これが大和くんの・・・ゴクッ。」

大和「わぁぁぁっ!!やめろやめろ!それを渡せっ!!」


・颯★改さん
「ねぇ知ってる?電車の中に僕居たんだよ?
これから1人でひ、と、り、で、アキバだってのによくもまぁ僕の前でイチャイチャと・・・
コノウラミハラサデオクベキカ。
・・・鈴さんと雫さんに「悩殺!大和のお色気写真集!ポロリしかないよ!」全五巻を送っておくか。」

→小鈴「わ、私は妹だから、おにぃのはだかはいつでも見れるけど・・・でも、有難く頂戴します。」

雫「へ・・・へへ・・・これが大和くんの・・・うぇへへへぇ・・・。」

大和「もうやだこいつら・・・というか鈴、いつでも見れるとか、サラッと嘘ついてんじゃねぇ。見せるわけないだろ。雫もやめろ!というかその本を渡せ!炭すら残らないよう燃やし尽くしてやる!!」



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • リネラス パルメ

    流石大和
    伊達に理子さん達から毎回弄られてるだけはあるわぁ

    1
コメントを書く