女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

198話 間接キスとかしてみたい




その後も俺たちは、商店街のお店のものを買ったり、食べたり、それくらいだった。

思ったより時間が潰せて、時計を見ると、午後4時30分を指していた。

大和「ん・・・もうこんな時間か。ここでずっと居るってのは、なんか勿体ない気がするぜ。」モグモグ

理子「だねぇ。楽しい時間が過ぎるのは早い早い。」クシャクシャ

大和「・・・お前、食うの早すぎねぇか?さっき買ったばかりなのに・・・。」

俺らはさっき、肉屋で買ったコロッケを食べながら歩いているのだが、ものの数秒で理子は平らげやがった。クシャクシャとは、コロッケの入っていた袋を丸める音である。

理子「ふっふっふ・・・驚くことなかれ!私は、コロッケなんぞ5秒もあれば食い終わるのだ!」

大和「食い意地張ってんなぁ・・・。」

理子「ところで大和、それ食べないなら貰っちゃうよ?」サッ

大和「ちょ、おま!」

理子「いただき~。」パックン モグゴックン

大和「・・・よく噛んで食えよ・・・。」

理子「へーきへーき!コロッケくらい余裕だって!」

大和「何が余裕なんですかねぇ・・・。」

良い子のみんなは、真似しないでね!これは、理子の自論だから!

理子「・・・というか、サラッと間接キスしちゃったね。」

大和「気にしないようにしてたことを・・・。別に今更、間接キスくらいって感じもするけどな。」

理子「ほんそれ。てか大和、私と結婚しない?マジで。こんなに楽しいんだからさ、結婚したらもっと楽しいよ?」

大和「あのなぁ、お前・・・俺がどうすればいいのか悩んでるの知ってて言ってるだろ。」

理子「もちろん。」

大和「Sかな?」

理子「大和をいじることで、快感を得てるだけですがなにか?」

大和「人はそれをSという。」

理子「なんと。」

・・・そんな、なんでもない話をしながら、俺たちは家に向かった。



理子「大和、今日は本当にありがとう。とても、嬉しかったよ。また、行こうね。」

大和「・・・あぁ、俺も楽しかった。こちらこそ、ありがとう。」

理子「・・・ねぇ大和。」

大和「なんだ?」

理子「大好きだよ。」

理子からの、物凄くストレートな告白。

じゃあ、俺もストレートに答えんとな。

大和「俺も─」

その時。

聖菜「だめぇぇぇっ!」

聖菜(変装してるつもり)が飛び込んできた。

大和「おわっ!?聖菜?どうしたんだよ突然。」

理子「聖菜ちゃん、今いい所なんだから邪魔しないでよ。」

聖菜「わ、わ、私は聖菜では無い!刑事の、風上 聖一郎だ!」

どうやら、バレバレの設定を続けるつもりらしい。俺は理子と目配せをし、乗っかってあげることにした。

大和「そうですか。で、聖一郎さん?なんで止めたんですか?」

聖菜(聖一郎)「こ、ここは公共の場である!今までの雰囲気から察するに、き、キスしようとしてたね!?」

理子「えぇ。それが何か?」

聖菜(聖一郎)「大問題だ!そ、その、異性不純交遊いせいふじゅんこうゆう・・・だっけ?それに当てはまるのだ!」

大和「・・・あの。」

聖菜(聖一郎)「なんだね!?」

大和「それ言ったら、聖菜とキスした時もだし、学校の時だってそうだ。ついでに言うと、ここ、理子ん家の玄関なんで。」

聖菜(聖一郎)「・・・あ。」

大和「そういう事だから。異性不純交遊に当たるってんなら、もう誰ともキスもしないし、抱きしめたりとか、その他もろもろしないんで。」

聖菜(聖一郎)「そ、それはダメ!」

大和「なんでですか?異性不純交遊に引っかかるんでしょう?」

聖菜(聖一郎)「う・・・うう・・・ふぇぇん・・・。」

あ、やべ。泣かせちまった・・・。

理子が隣から、「いけないんだ~」と言った目で見てくる。・・・はぁ、しゃあない。

俺はその後、聖菜をなんとか泣き止ませて、頭を撫でてやった。

すると、満足したような顔で帰っていった。・・・寂しかっただけなのかもな、あいつ。


コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆


・ミラル ムカデさん
「聖菜が怖いのかかわいいのかもはやわからん



作者サーん
早く書籍化デビューしてぇぇゑ」

→とりあえずは、書籍化のために動いている(コピペ作業)ので、しばしお待ちを。(選ばれるかどうかは分かりませんが。)


・アニメ好き不登校さん
「奈緒と小鈴は長めにお願いしまふ」

→承りました!<(`・ω・´)ゝビシッ!
頑張ってみますね!(とりあえず、ロリ三人衆は長くしようかなと。他2人は、要望があれば、かな。)


・颯★改さん
「「アイスコーヒー!
砂糖ミルクマシマシ、コーヒー抜きで!」


「お待たせ致したー
アイスコーヒー、コーヒー抜きです」
ズズっ
ゲホっゴホゴホっマキャバシティ!」

→甘そう(小並感)

大和「アイスコーヒーのコーヒ抜きって・・・それただのホットミルクじゃ・・・。
というか、店員も店員で、何真面目な顔してそれを承ってんの!?普通、えっ?てなるでしょ!?」


・スザクさん
「墨汁は……殺しにかかってるw」

→懐かしいなぁ、その話。
2人は、それを良かれと思ってやってるから、尚更怖いんですよw


・Masiloさん
「恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」

→大和は俺にできないことを平然とやってのける!そこにしびれはするけど、憧れはしないかな。


・スザクさん
「モンスターハンt……」

→そ れ 以 上 は い け な い


・ノベルバユーザー1147714さん
「ヤンデレ幼馴染
変態令嬢
ブラコン
ストーカー
親友~女ver.~
なのです
ペット
その他諸々と来てるから次はツンデレが加わるのかな?」

→うーん、どうでしょうか。他にでてないジャンルと言ったら、「ツンデレ」、「ロリババア」、「近所のお姉さん」辺りですかね。今のところ、新キャラの予定はだいぶ先ですが。



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 黒田玄

    理子ちゃん優しいんだか、弄りたいだけなのか、分かんないときありますよねww
    あれ、大和、理子を選ぶ感じ?

    1
  • ミラル ムカデ

    うーん次の新キャラは空から降って来たロリババアかな??
    聖一郎さん察が子供に論破されてどーすんねんw

    1
  • 颯★改

    コレで君も探偵になれる!
    聖一郎変装セットマークII現在颯★改商会にて絶賛好評発売中!

    1
コメントを書く