女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

171話 大好き。またね。(蹴)




大和「・・・なぁ。」

俺は、ずっと気になっていたことを聞いた。

大和「結局、俺はなんのためにここに呼ばれたんだ?」

ヴィー「あのおっさんが、結婚結婚けっこんけっこんってうるさいから、男の人を連れてくれば、大人しくなるかなって思ったんだけど・・・。」

大和「思っいっきり逆効果ぎゃくこうかだったわけか。」

ディーテ「そゆこと。ごめんね?巻き込んじゃって・・・。」

大和「や、大丈夫だ。2人には何度も助けてもらったからな。・・・だけど、男の人を連れてくるだけでよかったなら、わざわざ俺を連れてこなくても、他の神様を適当に呼べばよかったんじゃないか?なんでわざわざ、そんな面倒めんどうなことを?」

俺がそういうと、2人が頭を抱えた。・・・え?俺なんか変な事言ったか?

ヴィー「嫌なのよ。好きでもない人をダーリンって呼ぶのは。」

ディーテ「大和くんは筋金すじがね入りの鈍感どんかんなんだね・・・。」

大和「え?いや・・・どゆこと?」

ヴィー「ふーんだ。気づかない人には教えてあげませんよ~。」

ディーテ「女の子を気持ちを、もう少し理解しようとしてみた方がいいと思うよ?」

大和「あ、あぁ、精進しょうじんするよ・・・。」

・・・理解、ね。そんなもの、最初からしてるつもりなんだけどな。あれだけ言われて、気づかない方がおかしい。

どうしても素直に言えんのは、性格のせいなのか、はたまた、相手が神様だからなのか、それとも・・・。まぁ、今はそんなことどうでもいいか。

大和「あのさ、そろそろ元の世界に戻りたいんだが。」

ヴィー「え?なんか用事でもあるの?」

大和「あぁ、ちょっとな。」

ディーテ「・・・どうせ、女の子とイチャラブするつもりでしょ?」

大和「いや、違うから。普通にショッピングに行くだけ・・・。」

ヴィー「そ。まぁいいや。用事は済んだし。・・・じゃあ、大和くん。」

ディーテ「本当に、今日はありがとうね。・・・とてもうれしかった。」

大和「・・・そうかよ。」

意識がだんだんと遠のいていく。もう、この感じにも慣れてしまった。

そして、2人は去り際にこう言った。

2人「「大好き。またね。」」

・・・はは、神様よ、アンタらどうかしてるよ。・・・でも、ありがとう。




大和「・・・ん。」

俺はパチッと目を覚ます。

あぁ、戻ってきたのか・・・。

起き上がって時計を見ると・・・。

大和「・・・やっべ、もう時間だ・・・。」

時計の表示には、8時と示されており、予定の時間は8時半。急がなきゃ・・・と思った矢先。

俺の部屋のドアが勢いよく開き、怒った様子の妹がズカズカと入り込んできた。

小鈴「おにぃ、遅いっ!!もう8時だよ!?何時まで寝てるつもり!?今日は、私とデパートに行く約束でしょ!?」

大和「もちろん覚えてるさ。ごめんごめん。今着替えるから・・・。」

そう言って脱ごうとすると、

小鈴「きゃあぁ変態!」ドゴォ

大和「へぶっ!?」

思いっきり腹をられた。

小鈴「なんで私の目の前で着替えようとしてるの!?私だって、女の子なんだよ!?」

大和「んな事わかってるよ。というか、ここは俺の部屋なんだが?自分の部屋で着替えて、何が悪いというのかね。」

小鈴「ぐぐ・・・ふん!私、下にいるから!遅かったバツとして、私になにかおごること!いいね!?」

大和「はいよ。分かったからはよ出ろ。」

小鈴「ふん!」タッタッタ…

・・・全く。手のかかる妹だぜ・・・そこがまた、可愛かったりするんだけどな。


コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆


・ミラル ムカデさん
「絶論ゼウス降臨w








大和も同じ目に合えばいいのに (女の子の数だけw)」

→大和「絶対に嫌だっ!」

雫「あらあら、いじめて欲しいんですか?」

大和「日本語わかるか!?嫌っつってんだろ!」



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 澪燈

    鈴ちゃん逆ラッキースケベやったね
    あ、でも鈴ちゃんは大和大好きだから
    ラッキースケベかな?
    どっちにしろやったね!

    1
  • 颯★改

    アニメ好き不登校さん。
    良かったら僕が蹴りましょうか?

    1
  • ミラル ムカデ

    アニメ好き不登校さんドM……??
    ていゆーかなんで大和そんなモテんの(苦笑)

    1
  • アニメ好き不登校

    大和いいなぁー
    俺も蹴られたい!

    1
コメントを書く