女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

156話 俺は俺であるからして




大変なのは、これからだった。

ナイフにられていたどくが、まぁまぁ強いものだったらしく、それが体に残ってないかとか、なんか色々と精密検査せいみつけんさをやらされた。

保険のおかげでお金はそこまでだったらしいが、俺自身がめんどくさかった。

さらに、警察けいさつとかも事情聴取じじょうちょうしゅに来たりして、それもクソめんどかった。

・・・まぁ、みんながお見舞みまいに来てくれたりして、楽しかったけどさ。

病院の中で友達作ろうとしたけど、出来なかった。コミュ症恐るべし。

なんだかんだで色々あり(入院期間にゅういんきかんが伸びたりな)、結局けっきょく退院たいいん出来たのは、事件から2週間後だった。




佳穂「本当にありがとうございました。」

蒼龍「お医者様のおかけで、大和は死なずに済みました。」

医者「いえいえ、大和くんが頑張ったからですよ。退院後も、週1くらいで通院してもらうので、よろしくお願いします。」

佳穂「はい。」

親と医者が長ったらしく話をしている。早くお家に帰りたい・・・。

その後、説明だのなんだのを色々聞き、なんとか午前中に帰ることが出来た。

帰りの車の中で、父さんが色々聞いてきた。

蒼龍「どうだった?入院は。」

大和「コミュ症にはきつかった。」

蒼龍「そかそか。・・・でさ、入院してる時にも聞いたが、なんであんな無茶を?」

・・・その質問は、俺がずっとけ続けてきたものだった。

大和「・・・そんなこと、どうでもいいだろ。それよりさ、この前の・・・」

蒼龍「そうかそうか、お前にしてみれば、息子が生死せいし彷徨さまよったのは、そんなことなのか。」

大和「・・・その言い方はなくないか?」

蒼龍「だったら質問に答えろ。そらそうとするんじゃねぇ。」

・・・いつにも増して、父さんがこわかった。

蒼龍「あの子に恩でも売ったつもりか?あやつり人形にでもするつもりか?」

大和「そんなんじゃねぇよ。・・・ただ、守りたいって思った。それだけだ。」

蒼龍「お前は、そんなことで動くような人間じゃなかったはずだが?」

・・・みょうするどいな。

大和「そういう人間なんだよ、俺は。」

蒼龍「・・・。」

父さんは、納得なっとくしていないような感じだった。

・・・きっと、本当のことを言ってしまえば、俺は色々言われるだろう。

バカ、アホ、マヌケ。そのくらいで済めばまだいい方だ。

・・・だから俺は、本当のことは言わなかった。・・・言いたくなかった。

それで双方そうほうが幸せなら、その方がいいだろうしな。

・・・それに、ずかしいだけだし。

俺は俺だけであり、父さんは俺じゃないのだから、俺の考えはきっと、父さんにはひびかない。

・・・なら、言わない方が得策とくさくだろう。



1月1日の更新は、0時00分にしようかな?年替わりと同時に、投稿されるような形にしよっかな~。とか、そんなことを考えてます。

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • アホの子は俺だ!

    年越し更新待ってます!

    1
  • 颯★改

    「コミュ症にはキツかった」TASHIKANI☆
    仲間だネ!

    2
  • ミラル ムカデ

    大和カッコイイやん!
    年越し更新楽しみにしてます!

    2
コメントを書く