女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

155話 涙よ人生の糧となれ




15分後。

大和「くっ・・・。」

30分後。

大和「がぁ・・・っ!」

ヴィー「大和くん・・・。」

そして、1時間が経過けいかした。

ディーテ「はい、終了。おつかれ様~。」フッ

俺は体にかかっていた負荷が一気に消え去り、思わずゆかした。

ヴィー「大丈夫?大和くん・・・。ほら、ゆっくり立って。」スッ

大和「あ、ありが、と・・・。」グッ

俺はヴィーちゃんが伸ばした手をにぎり、何とか立った。

ディーテ「く、〇〇〇が立ったーっ!」

大和「そう・・・(無関心)」
 
何故なぜこの神様ひと達は、こういうネタを知ってんだか・・・。いったい、どこが情報源じょうほうげんなんだ?

ヴィー「まぁ、とりあえず。大和くん、よく耐えたね。えらいえらい。」ナデナデ

大和「っ・・・やめてくれ、ずかしい。」

ディーテ「頑張りまちたね~。」ナデナデ

大和「おまえらなぁ・・・。」

ディーテちゃんまで・・・。

大和「・・・って、そんなことより。なぁ、向こうの世界に戻るにはどうすれば?」

ヴィー「えー、もう戻っちゃうの?せっかくなんだから、楽しんでいきなよ。」

大和「や、だから、アイツらに迷惑めいわくかけちまうし・・・。早めに戻らねぇと。」

ディーテ「・・・わーったよ。戻してあげる。・・・でもその前に。」

大和「??」

ディーテ「えいっ♪」チュッ

大和「・・・!?!?」

突然キスされ、後ろに飛び退こうとしたが、なぜか動かなかった。

ディーテ「・・・へへ。」

大和「っ、おまえ・・・。」

ヴィー「ずるい!私も!!」チュッ

大和「んっ!?」

うーん・・・何故俺は今、神様とキスしてんだ?

ヴィー「えへへ・・・。」

大和「・・・満足したか?」

ディーテ「うん。・・・じゃあ、戻すね。」

大和「あぁ、頼む。」

ディーテちゃんが手をかざすと、気が遠のいていく感じがした。・・・久しぶりの感覚だ。

意識が途絶とだえる間際まぎわ、2人がこんなことを言った。

2人「待ってるからね、大和くん・・・。」

・・・あぁ、またいつか。




大和「・・・ん、ここは・・・?」

俺が再び目を覚ますと、そこはさっきの世界じゃなく、白いタイルの天上があった。ピッ、ピッ・・・という、機械的きかいてきな音がする。

大和「病院、か・・・。」

俺は起き上がろうとした。・・・が、何か・・・いや、誰かが乗っていて、起き上がるのをさまたげた。

その人というのは

大和「・・・愛奈。」

俺のベッドの横の椅子いすに座って、俺の方に身を投げ出していた。

大和「心配と迷惑、いっぱいかけちまったな・・・。」ナデナデ

俺は愛奈の頭をでる。すると、

愛奈「ん・・・。」

愛奈が目を覚ました。

大和「すまん、起こしちまったか?」

愛奈「・・・!?大和、先輩・・・!」

大和「ごめん、いろいろと迷惑かけちまったな。」

愛奈「大和、先輩・・・!!」ポタッ ポタッ

大和「泣くなって。」ナデナデ

愛奈「っ、だって、死んじゃうと思ったから・・・!」

大和「・・・ごめんな。」

愛奈は、フルフルと頭を横にふった。

愛奈「悪いのは私。大和先輩に生命の危機ききがあるって分かってたのに・・・こんなことになるって、分かってたはずなのに・・・!!」

大和「あんま自分を責めるな。・・・お前は悪くないし、俺を助けてくれた。」

愛奈「・・・っ、ぁ、うわぁぁぁぁん!」

・・・今度は、泣くなとは言わなかった。泣いて、泣いて、また泣いて。

・・・そうして人は、成長してゆくのだから。



コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆

颯★改さん
「まぢか!
俺のネタが乗るとは!
作者マジ神!
┏○)) アザ━━━━━━━━ス!」

→神だなんて、とんでもない。せっかくのネタを、つかわないわけないじゃないですか。
これからも、ネタの提供とか、その他もろもろ、よろしくお願いします!

・アニメ好き不登校さん
「人間とは欲深い。
毎日投稿が始まるとなぜか毎秒投稿を期待してしまう。



ということで毎秒投稿してくださり」

→(でき)ないです。さすがにそれは無理です・・・。
そうだなぁ・・・あ、Twitterとかやってますか?
あとで、キャラ誕生の裏話とか、おんハレ制作秘話(という程ではないもの)を上げるので、それで許してはもらえないでしょうか・・・。

・ノベルバユーザー286350さん
「わっかりました!(*`・ω・)ゞビシッ」

→わかってくれて何よりです!
(*`・ω・)ゞビシッ
よかったら、ネタの提供とかして頂けるとありがたいです!あと、出来れば表紙用のイラストとかも・・・。



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • アホの子は俺だ!

    絵、下手なんでw無理っすw

    1
コメントを書く