女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

148話 不思議ちゃんと鈍感くん




大和「殺、される・・・?」

愛奈「そう、殺される。または、そこまでいかなくとも、生命の危機ききさらされる可能性かのうせいが高い。」

目の前の少女は、たしかに「殺される」といった。でも、誰に?

愛奈「それは分からない。・・・ごめんなさい。」

大和「心を読むな心を。・・・いやまぁ、そこまで分かったら苦労しないよな・・・。」

俺は、どうしたのものか・・・と考えんだ。

すると、

愛奈「・・・もう1つの理由。」

大和「ん?」

愛奈「あなたに話しかけた、もう1つの理由。」

大和「・・・あぁ、2つあるとか言ってたな。で、もう1つって?」

それを聞くと、田辺さんは何故か深呼吸をした。そして、こういった。




愛奈「私を、ハレム同好会に入れて欲しい。」

・・・は?




大和「え、と・・・なんだって?」 

田辺さんがなんか言ってたけど、きっと聞き間違えだよな・・・うんきっとそうだ。ははは、聞き間違えるなんて、なんてこt

愛奈「言い方を変える・・・ハレム同好会に、入会させて欲しい。」

はい聞き間違えじゃありませんでした。知ってたよ、分かってたよ、えぇ。

大和「・・・なんでまた?」

愛奈「・・・あなたは、いつ危険な目に合うか分からない。だから、私がそばにいる。」

大和「い、いや、大丈夫だよ。自分の身くらい、自分で守るさ。」

そう言うと、田辺さんは目をうるうるとさせた。

愛奈「・・・ダメ?」

うっ、やめてくれそれは。・・・女の子のそういう顔に、俺は弱いんだ・・・。

大和「・・・わかった。理子に聞いてみるよ。」

俺はLimeで、理子に「入会したい人がいるんだが、どうする?」と入れた。・・・その5秒後に既読きどくマークがつき、10秒後に返信が来た。はや・・・。

理子『だwめwでwすwよw』

・・・まぁ、こうなるよな。

俺は分かりきっていた結末にあきれながら、田辺さんのほうを見た。

大和「・・・ダメだとよ。」

愛奈「そう、ですか。なら、無断で入るだけ。」

大和「いや、やめた方がいいって。・・・なんでそんな俺を、守ろうとしてくれるわけ?見ず知らずの人間にさ。」

愛奈「・・・それは。」

田辺さんは一瞬いっしゅん言葉に詰まり、こう言った。

愛奈「・・・あなたに、惹かれたから。先輩として、異性いせいとして。・・・今までは、誰かの運命うんめいが見えても、見て見ぬふりをしてきた。でも、あなたの死ぬ姿が見えた時すぐに、守らなきゃって思った。」

・・・色々と凄いこと言ってるぞ、この子・・・。

愛奈「私ができるのは、運命を予知するだけ。変える方法もわからない。・・・でも、頑張るから。」

大和「・・・言いたいことはわかった。だが、その言い方だとまるで、告白のようにも聞こえるからな?俺は気にしないけど、他の人とかだったら・・・。」

愛奈「・・・先輩方が言っていたことは、本当だった。あなたの鈍感どんかんは、殺人級さつじんきゅう。」

初対面の人にまで言われた・・・。

愛奈「・・・とにかく。ハレム同好会に入れてもらえないなら、無理にでも入る。絶対に、あなたを殺させない。」

大和「あぁもう、分かったよ。・・・そこまで言うなら、俺も入らせて貰えるよう、説得するよ。」

愛奈「・・・!うん、ありがとう・・・。」

田辺さんはうれしそうに、はにかんだ。

・・・これで良かったのだろうか?なんか、間違った方向に進ませちゃった気が・・・。



コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆

・颯★改さん
「俺の語彙力の仇!








って感じに刺すんですかねぇ?」

展開的てんかいてきには、3パターンほど考えています。どれにするかは、まだ決まってませんが。
とりあえず、オッペケテンムッキー(白目)

・ミラル ムカデさん
「語彙力だけに媚びとく??
よりも今から気になる新キャラ

(最近韻しか踏めない大和ぉー)」

→大和「誰か呼んだ?」

作者「来るな触るな近寄るな。」

大和「ちきしょーめぇ!」



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 颯★改

    大和・・・死んだら葬式でザオリク唱えまくってあげるから安心して逝け。

    1
  • アニメ好き不登校

    そろそろ毎日投稿して下さいよ❗️
    楽しみにしてます

    2
コメントを書く