女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

145話 肩を叩かれた時は




4月10日。

俺が学校に着くと、周りのやつらが「今日が頑張がんばりどころだよ!」とか、「絶対新入生入れるぞ!」だとか、そんなことを言っているのが聞こえた。

そう、今日は新入生オリエンテーション。自分たちはこんな活動しています。皆さんも入って一緒にやりませんか?とか、そういうやつだ。

大変だな、部活のヤツらは。まぁ、同好会はないだろうし、そもそもあいつら、新入生を入れる気なさそうだからな・・・。

そう思いながら、教室への廊下ろうかを歩いていると、後ろからかたたたかれた。

後ろを振り向くと、そこにはうちのクラスの担任であり、ハレム同好会の顧問こもんでもある、中守先生がいた。

大和「あ、おはようございます。」

中守「おはよ。ねぇ大和くん、準備じゅんびは出来てる?」

大和「準備?なんのことですか?」

中守「え?」キョトン

大和「え?」キョトン

うん?先生は何を言ってるんだ?

中守「・・・・・・あぁ!そっか!そういうことか!」ポン

なんか1人で納得なっとくしてるし・・・。

中守「えーっと、ごめんね。言ってなかったんだけどさ・・・。」

大和「・・・なんです?」

なんとなく、いや予感よかんしかしないが、一応聞いてみた。



中守「えっと、その・・・同好会も、オリエンテーションの出し物やらなくちゃいけないんだよね・・・。」

でしょうね。そんな気がしてましたよ、えぇ。




大和「・・・はあぁぁぁ~~。」

教室の椅子いすすわるなり、俺は大きなため息をついた。

中守先生め、それだけ伝えたらササッと逃げやがった・・・。

ようするに、面倒事めんどうごとを押し付けられた形だった。

理子「何、大和。朝一でため息なんかついて。」

日直のため、俺より早く来ていた理子がそう問いかける。

俺は憂鬱ゆううつな気持ちで、理子に説明した。

大和「・・・ということなんだ。」

理子「なぁにそれぇ。てか、新入生なんて入れる必要ある?」

聖菜「いや、ない!」

雫「入れなくていいと思います!」

大和「お前らどこからいてきた。」

やっぱり、こうなった。

理子「無理にやる必要も無いんじゃない?」

大和「それがさぁ、生徒会が来るもんだから、やらないと〝活動停止処分かつどうていししょぶん〟になるかもって・・・。」

聖菜「活ど・・・なに?カツ丼?」

大和「活動停止処分。要は、同好会として活動しちゃいけませんよってこと。」

理子「横暴おうぼうだい横暴だい!」

大和「なんでそういう言葉は知ってるんだかなぁ・・・。」

加奈「まぁ、いろいろとな。それより、どうするんだよ?」

加奈もいた。ベランダから入ってくるとは、あやつ、やりおる。

大和「そうなんだよな。やれって言われても、何すりゃいいんだか・・・。」

奈緒「あの、こんなのはどうです?」

大和「何故お前までいるんだ。ここは2年の教室だぞ?」

奈緒「細けぇこたぁ、どうでもいいのですよ。それより・・・ごにょごにょ。」

奈緒は俺の耳元で、ある提案をした。

大和「・・・それを俺にやれと?」

奈緒「大丈夫、先輩なら出来るのですよ!」

大和「・・・はぁ、仕方しかたない。それで行こう。お前ら、作戦会議さくせんかいぎだ。」

俺らはホームルーム、通称つうしょうHRが始まるまで、廊下で話し合った。



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く