女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

144話 ドラゴンズ・ブレス・チリ




奈緒「大和、先輩・・・?」

大和「ごめん、ごめんな・・・。」

抱きしめている間、俺はあやまってはだまみ、謝っては黙り込みをり返していた。

俺がちゃんとしていれば、こんなことにはならなかった。なのに、俺は・・・。

だから、ただただ謝ることしか出来なかった。




2分ほど抱きしめた後、俺は奈緒からはなれた。

大和「本当にごめんな、奈緒。」

奈緒「も、もう謝らないで欲しいのです・・・。それに、よく考えたら、私はなんてことを・・・。」

大和「・・・そう思ったなら、俺じゃなくて理子と聖菜に、な。」

奈緒「・・・はい、なのです。」

奈緒は理子と聖菜の方を見た。

奈緒「理子先輩・・・聖菜先輩・・・その、ごめんなさい・・・なのです。」

奈緒は2人に頭を下げた。

聖菜「いや、その・・・元はと言えば、私たちが悪いんだし・・・。」

理子「えっと・・・ごめんなひゃい。」

 聖菜と理子も頭を下げた。・・・さっきのが余程よほどこたえたのか、素直に謝った。理子に関しては、まだ口が上手く回らないらしい。

・・・あぁ、言ってなかったけど、奈緒が食べさせたのは〝世界一辛い唐辛子とうがらし、「ドラゴンズ・ブレス・チリ」のペーストを練りこんだチョコ〟だとか。なんちゅうもんを作ってんだか・・・。てかそんなもん、よく1日で作れたな・・・。

奈緒「はい、もう怒ってないのですよ。
・・・理子先輩、大丈夫なのですか?」

理子「大丈夫なわけないしょう!?」

奈緒「ひぅっ!?」ビクン

大和「ま、まぁまぁ理子。許してやれって・・・。」

理子「・・・大和、今思ったんだけさ。」

大和「なんだ?」

理子「私、苦しみ損じゃい?」 

大和「・・・えーっと、その・・・うん、頑張れ。」

理子「きしょーめぇ!」

理子は桜吹雪さくらふぶきのなかで、そうさけんだ。




大和「楽しかったな。」

理子「そうだね。・・・辛かったけど。」

奈緒「うっ。」

聖菜「そろそろ許してあげなよ・・・。」

雫「・・・加奈ちゃん。私たち空気?」

加奈「・・・だな。」

小鈴「ジェリーちゃんもふもふ〜!」

ジェリー「~♪」

蒼龍「また来ような、佳穂。」イチャイチャ

佳穂「えぇ、あなた♪」イチャイチャ

帰りの車内も、なんかカオスだった。

てか、父さんと母さんに関しては新婚しんこんのようだった。

・・・まぁ、仲がいいのはいいことなんだろうけどさ?仲良すぎじゃない?

そんなことを思いながら、俺たちは帰路きろに着いた。



コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆

・颯★改さん
「ふふふ・・・
そう!俺は目を盗むの能力者!
君が隠したアレの場所も分かるのさ!」

→な、なんだってー!
・・・って、アレってなんでしょうかね。お金かな?(すっとぼけ)



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く