女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

143話 展開がゴミです、はい。




奈緒「まずは理子先輩からなのです。大和先輩、早く羽交い締めはがいじめに。」

大和「分かってるっての。・・・理子、すまん。」ガシッ

俺は理子に羽交い締めをした。柔らかいとか、もうそんなことを気にしてる場合じゃない。無心むしんだ無心。

理子「あぁ~、大和に○○○○~!」

大和「お前はこの状況が分かってないようだな!このド変態へんたい!」

理子「ど、ド変態ですと!?それは百合野ちゃんじゃ・・・!」

大和「お前も立派りっぱなド変態だよ!!」

理子は、「なん・・・だと・・・」とでも言うような顔をした。

奈緒「・・・仲良しなのですねぇ、お二人とも・・・。」ゴゴゴ

大和「ひっ!?ほ、ほら奈緒!羽交い締めにしたぞ!」

奈緒「・・・まぁ、いいのです。ほら、理子先輩。あーんなのですよ~。ちゃーんと、奥歯おくばめて、味わってくださいなのです。」スッ

理子「あ、あーん・・・。」パクッ

理子は素直すなおしたがい、そのチョコを口の中に入れた。

そして、噛んだ。・・・その瞬間しゅんかんだった。

理子「がっ・・・!?!?」

理子が、苦しみだした。口の中のものをき出そうとする。が、

奈緒「何をしているのですか?ちゃんと味わってくださいなのです。・・・ 吐き出すなんて、ご法度はっとなのですよ。」バッ

理子「むっぐ・・・!!」

奈緒が理子の口をおさえて、無理やり吐き出すのを防いだ。

俺は理子を助けようと、羽交い締めをやめた。・・・のだが

奈緒「大和先輩、ダメなのですよ。羽交い締めやめちゃ。」

大和「何言ってんだよ!?理子が苦しんで・・・!」

奈緒「大和先輩が羽交い締めをやめるなら、理子先輩はもっと苦しむ 羽目はめになるのですよ。」

大和「なっ・・・!?」

奈緒「わかったら、とっとと羽交い締めを再開するのです。」

大和「っ・・・分かったよ。」ガシッ

こいつは・・・誰だ?少なくとも、いつもの奈緒じゃない。何かが取りいるような、そんな感じだった。

聖菜「奈緒ちゃん、やめて!理子ちゃんが・・・!」

聖菜がそういうも

奈緒「うるさい、黙れ。わたしが今まで、どんな思いをしていたか、分かるのですか?」

聖菜「え・・・?」

奈緒「・・・はぁ、まぁいいのですよ。聖菜先輩も、ちゃんと同じ目にあってもらいますのですから・・・。」

大和「奈緒・・・。」

理子「ふぐっ・・・ふうぅ・・・。」ポロポロ

奈緒「あはは!それです!その顔が見たかったんですよ!・・・苦しめ、苦しめ。私の恋路こいじ邪魔じゃました罪は重いのですよ・・・。」

理子「うくっ・・・うぅ・・・。」ゴクン

奈緒「ちゃんと味わってくれたのですね。嬉しいのですよ。」

・・・もう、限界だ。

大和「奈緒っ!いいかげんにしろ!!」

奈緒「っ!?」

大和「なんで、なんでこんなことを・・・!理子、大丈夫か・・・?」

理子「ふ、ふえぇ、大和ぉ・・・。」

奈緒「なんで、ですか?」

大和「・・・あぁ。」

奈緒「・・・覚えてないんですか?昨日のこと・・・。」

大和「覚えてるけど・・・それがどうかしたのか?」

奈緒「昨日、理子先輩と聖菜先輩に邪魔されたじゃないですか!!せっかくの二人きりの時間を・・・!!!」

大和「奈緒・・・?」

奈緒「あんなことされて、怒らない人がいるというのですか!?私の、私の恋路を・・・!!」

・・・つまりは、俺のせいか。

大和「・・・ごめんな。」ギュッ

奈緒「え・・・。」

俺は奈緒を抱きしめた。・・・それしか、出来なかった。



コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆

・紅龍/せきりゅう さん
「作者さんノゲ〇好きだったんですね!
早くアニメ2期が放送してほしいと願う自分です笑」

→はい、好きですよ。ただ、小説を読んだだけなので、アニメは見れてないんですよね・・・。2期、早く放送されるといいですね!(伏字にしたのは、まぁ念の為です。キニスンナ)

・颯★改さん
「カゲロウ〇イズ!
良いですよね~
自分も全巻持ってます。」

→な、なぜ言ってないのに、僕が全巻持ってることを知ってるんです・・・?まさか、目を盗む蛇をお持ちで・・・?
まぁ、冗談はさておき。カゲロウ〇イズは最高です、はい。曲のCD、DVDも買いました。(伏字にしたのはry)



しらない
なにがしたい?
もうたくさんだ
いらない、ぜんぶ


「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 颯★改

    ふふふ・・・
    そう!俺は目を盗むの能力者!
    君が隠したアレの場所も分かるのさ!

    1
コメントを書く