女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

139話 ただの迷惑女、理子&聖菜




大和「・・・おい。」

理子「あっ、大和!」

聖菜「大和くん!」

大和「なんでここにいる?」

理子「なんでって・・・あの後、私たちがそのまま帰るとでも?」

聖菜「はいそうですかと引き下がるほど、私たちはお人好ひとよしじゃないからね。尾行びこうさせていただきました!」

大和「お前らなぁ・・・。」

どうしようもないヤツらだった。

大和「てか、なんで乗り込んできた。ここは俺ん家じゃねぇんだぞ。奈緒の家なんだぞ。人様ひとさま迷惑めいわくかけるなって教わらなかったか?」

理子「あーあー、きーこーえーなーいー。」

聖菜「少なくとも、私の辞書にその言葉はないかな。」キリッ

大和「お前ら・・・。」

ちょっとキレそうになった。が、ここでプッツンしたところで、俺が迷惑をかけるだけなので、おさえた。

話題を変えるために、俺はさっきから気になっていたことを指摘してきした。

大和「その手に持ってるあんぱんと牛乳はなんだよ?」

理子「やっぱ、こういうのって雰囲気ふんいきが大事じゃない?」

聖菜「張り込みとか、尾行とかって、あんぱんと牛乳が付き物かなって。」

大和「刑事ドラマの見すぎだこら。てか、そんなものをどこに持ってやがった。」

尾行してたのなら、途中でコンビニにも寄らないだろうし、どこにそれをかくし持ってたんだ・・・?


理子「あらヤダ奥様おくさま、あんぱんと牛乳は必需品ひつじゅひんですことよ。」

大和「誰が奥様だ。というか、なんだよその口調は。必需品なわけあるかってんだ。」

なんとなく、あんぱんと牛乳が必需品の世界を想像してみた。・・・とてもシュールな世界だった。

聖菜「まぁ、冗談じょうだんはさておき、購買こうばいで買ったはいいけど、食べなかったパンと牛乳だよ。もちろん、今日のね。」

大和「・・・なるほど。」

奈緒母「あ、あの・・・。」

ここで奈緒のお母さんが口を開いた。ほとんど空気になっていたからな・・・。かわいそうに。

大和「あぁ、こいつらは俺の友達です。すみません、こいつらがとんでもない迷惑をおかけして・・・。」

奈緒母「い、いえいえ!にぎやかになって、ほんと・・・。」

・・・苦笑いしているのが明らかだった。

大和「あー・・・奈緒、俺らこのまま居ても迷惑なだけだから、帰るわ。ごめんな?」

奈緒「え・・・?帰っちゃうのですか・・・?」

大和「あぁ。こいつら、俺が帰らないと帰りそうにないし・・・。」

奈緒「うぅ・・・くすん・・・。」

大和「あぁもう、泣くなって。ほんとごめんな?今度め合わせするからさ。な?」

奈緒「ぐすっ、は、はい。分かったのです・・・。」

大和「うん、いい子だ。」

俺は奈緒の頭をでた。

大和「さて、対照的たいしょうてきに聞き分けの悪いお前ら。さっさと帰るぞ。」

理子「えぇ?勉強は?」

大和「一人でやる。」

聖菜「出来るの?」

大和「・・・で、出来るさ。」

即答できなかったのは、その、自信ないってわけじゃないんだからね!

理子&聖菜「ほんとぉ?」

大和「帰るぞ。本当にお邪魔じゃましました。」ガラッ

理子「ちょ、待ってよ大和!・・・ど、どうも~・・・。」)彡 サッ

聖菜「は、はは、さよなら~・・・。」
)彡 サッ

俺たちは、そそくさとその場をあとにした。



奈緒「・・・理子先輩、聖菜先輩、絶対に許さないのです・・・。」ゴゴゴ



コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆

・颯★改さん
「俺と同じだネ!
大和クン!
そもそもグーグル先生がいるのだから勉強なんて意味が無いんだ!」

→大和「そうだよネ!よし俺勉強やめた!偉大なるグーグル先生に拍手!」パチパチ

加奈「いや、勉強しろよ・・・。」



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ミラル ムカデ

    奈緒さんやほどほどにな……

    1
  • アニメ好き不登校

    やっとテスト、オワタ(意味深)から平和や

    1
  • 颯★改

    理子!聖菜!逃げて!超逃げて!

    1
  • ルイ

    奈緒の後ろにスタンドが...

    1
コメントを書く