女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

137話 奈緒の部屋とパンドラの箱




俺は奈緒の後について行った。

奈緒「ここが私の部屋なのです。」ガチャッ

奈緒は部屋のドアを開けた。

大和「・・・至って普通なんだな。」

その部屋は、普通に女の子の部屋で、特に変わったことは見受けられなかった。

奈緒「逆にどんな部屋だと思ったのです?」

大和「いや・・・優勝トロフィーとかがズラーッとかざってあるのかと・・・。」

奈緒「1階にあるのですよ。そんなにズラーッとはないのですけど。」

あ、やっぱりあるのね。

大和「へぇ。っと、それじゃ勉強しよっか。」

奈緒「はいなのです。あ、飲み物取ってくるのですよ。」

大和「そんな気を使わなくてもいいぞ?」

奈緒「いえいえ。ちょっと待っててくださいなのです。」ガチャッ

奈緒はそう言って、部屋から出ていった。

・・・さて、勉強の用意をするか。

俺はカバンの中からプリントの束と筆記用具ひっきようぐを取り出した。

ふと、奈緒の勉強机べんきょうづくえを見ると、その上に、写真立てがあった。

それには。

大和「・・・なつかしいな、これ。」

夏に、ハレム同好会のみんなで撮った写真があった。・・・若干じゃっかん、俺の顔が引きつっている。

俺は写真を見るのも程々にし、筆箱から鉛筆えんぴつを取り出そうとした。

が、それは手からすべり落ち、ゆかに転がってしまった。

大和「おっとっと・・・ん?」

俺が鉛筆を拾うと、その先にフォトブックがあるのに気づいた。

・・・本来なら、こういうのは見ない方がいいのだろうが、とても好奇心こうきしんいてしまい、俺はフォトブックを開けた。

奈緒の小さい頃が見たかったとか、そういう訳ではだんじてない。ないったらない。

・・・まぁ、俺はそれを見て、開けたことをとても後悔こうかいしたんだけどね?

なんでかと言うと、そのフォトブックに奈緒の写真は1枚たりとも無く、その代わりにビッシリとあったのは・・・。


〝俺の写真〟だった。いつの間にかられてた寝顔ねがおだったり、歩いているところだったり・・・。色々な俺の姿が収められていた。

てかこれ、普通に盗撮とうさつじゃね?

そう思ったのだが、俺は元あった場所にそっと戻した。・・・言うのもあれだしな。

すると、戻してすぐに奈緒が部屋に戻ってきた。

奈緒「お待たせしましたのです。」ガチャッ

大和「お、おう。」

奈緒「・・・?どうかしたのです?」

大和「いや、なんでもないぞ?ほら、早く勉強しようぜ!」

何故かあせってしまう。

奈緒「・・・なんか怪しいですけど、とりあえず勉強するのですよ。」

ふぅ、何とかなった・・・。

俺は心の中で安堵あんどし、そのまま勉強に移った。



コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆

・颯★改さん
「テスト終わったZE★
かゆ・・・ウマ・・・」

→こっちは、テストまであと一週間です。つらたん・・・。
かゆ・・・ウマ・・・。

・なつかぜさん
「淫夢厨かよぉ....(歓喜)」

→そうだよ(便乗)
当たり前だよなぁ?



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 颯★改

    取られたら(何をとは言わないが)盗り返す。
    当たり前だよなぁ?

    1
コメントを書く