女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

126話 もうよくわからん嘘つき大会




理子「じゃあ、まず私から!昨日、近所の犬がね、7つの極上ごくじょうえさを求めて旅に出たんだって。」

大和「その途中で『ニーハオチューブのことかーっ!』とか言い出しそうだな。」

聖菜「そうだね。ちょっとインパクトに欠けるかな?」

理子「ありゃ、ダメか~。結構けっこういいと思ったんだけどなぁ・・・。」

この大会、始めたはいいけど〝得点〟がなければ〝豪華賞品ごうかしょうひん〟もない、ただの暇つぶしである。ま、そんなもんだよな。

聖菜「ふふ、次は私ね。・・・実は私、大和くんのある秘密ひみつにぎってます。」

大和「・・・うそ、なんだよな?」

聖菜「さて、どうでしょう?」

大和「やめてくれよ怖ぇから!」

理子「あ、私も握ってるよ~。」

大和「なっ・・・!?」

聖菜「お~、じゃあ、今度発表しあう?」

理子「いいねいいね!」

大和「や、やめちくりぃー!」

聖菜「ふふふ・・・。」

理子「へへへ・・・。」

笑顔が怖ぇ・・・。

大和「つ、次は俺だな。」

・・・と言ったものの、特になんにも考えてなかった。どうすっかなぁ・・・。


・・・あ、あれでいっか。

大和「俺、実は幽霊ゆうれいが見えます。」

そういった時、理子は少し焦ったような表情をした。あ、理子は見えてたこと知ってんだっけ?

理子「・・・大和。それはちょっとまずいんじゃ・・・。」コソコソ

大和「べ、別にいいんじゃないのか?今は見えてないんだし・・・。」コソコソ

理子「いや、そういう事じゃなくて・・・。」コソコソ

大和「え?違うのか?」コソコソ

理子「・・・聖菜ちゃんを見てみ?」コソコソ

・・・?見て、何があると言うんだ?そう思いながらも、一応聖菜の方を見た。

・・・そこには。



聖菜「幽霊ゆうれいなんていない、お化けなんていない、そんなもの嘘さ・・・。」ブツブツ…ガタガタガタガタ

大和「あっ・・・。」

どこぞのやかたに閉じ込められて、クローゼットでブルってるやつ並にふるえ、何かをブツブツとつぶやいている女の子が、そこにいた。

聖菜、こういう手のヤツは苦手なのか・・・。

大和「えっと・・・聖菜すまん。本当にすまん。ほら、エイプリルフールだから、嘘だから。」

聖菜「ほ、本当に嘘・・・?」グスッ

大和「嘘も嘘、大嘘だ。」

聖菜「・・・えへへ。そう・・・だよね!嘘だよね!」ニコッ

聖菜はこっちに笑いかけてきた。

・・・やべ、可愛い。

そう思ったのもつかの間、俺は足に激痛が走った。・・・てか、つねられた。

大和「痛てぇ!!何すんだよ理子!?」

理子「ふんっ。男の人ってのは、いつもそうなんだから・・・。」

なんで怒らせたのか、全くもって分からなかった。・・・まぁ、後で謝っておくか・・・。




その後は、このままの空気でことが進み、気まずくなって終了した。



意味怖の時に聖菜が怖がらなかったのは、作り話とわかっていたから。そして、『アホだから、意味がわからなかった』からです。

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く