女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

125話 キョドる阿呆と傾げる鈍感




俺たちは聖菜の家に着き、インターホンを鳴らした。

ポチッ キーンコーンカーンコーン(ry

・・・一瞬いっしゅんにして、鬱行うついきルート直行です、本当にありがとうございました。

聖菜「ふぁ~ぃ・・・」ガチャ

大和「よ、聖菜。」

ガチャンッ!!

・・・いじめか?泣くぞ?

すると、インターホン越しから声が聞こえてきた。

聖菜『やっ、ややややややややややややややややや大和くん!?!?!?』

大和「動揺どうようしすぎだ。」

聖菜『みっ、見た?』

大和「なにが?」

聖菜『わっ、私の・・・私のパジャマ姿!!』

大和「パジャマ?まぁ、見たが。」

聖菜『ううう、もうおよめにいけない・・・。』

大和「そんな大げさな・・・。」

理子「大げさじゃないよ!」

何故か理子が声を荒らげる。

理子「女の子はね、パジャマ姿を見られるのが恥ずかしい生き物なんだよ!!」

大和「へぇ。じゃあ、俺の前にも関わらず、いつもパジャマっ子生活をしていたのは?」

理子「うっ・・・。」

理子が顔を硬直こうちょくさせる。

聖菜『理子ちゃん・・・。』

聖菜も、まるで「裏切うらぎったな・・・。」と言いたそうな口調で言った。

理子「ま、まぁ、それは置いておいてさ!聖菜ちゃん、遊びに来たんだけど、今大丈夫?」

逃げたなこいつ。

聖菜「えぇっと・・・10分くらい待っててもらえる?部屋の整頓せいとんと、着替えがあるから。」

大和「ん、わかった。」

俺たちは、聖菜の家の前で待つことにした。







10分後。

聖菜「も、もういいよ~。」ガチャッ

大和「ん、お邪魔じゃまします。」

理子「お邪魔します~。」

俺たちは、家に入ってすぐ、聖菜の部屋に向かった。前にも1度入ったことがあるので、部屋の位置は分かっている。

聖菜「入った入った~。」

大和「おう。」ガチャッ

俺は聖菜の部屋の前のドアを開けた。

前にも来たことがあるので、感想も何も無いが、内装ないそうは『the・女の子の部屋』という感じ。

聖菜「で、何して遊ぶの?」

理子「フッフッフッ、聖菜ちゃん、今日は何の日でしょう?」

聖菜「え?・・・あぁ、そういうこと。うそつき大会ってわけ?」

理子「そそ。」

大和「本当は、1回だけしか嘘をついちゃいけないらしいが、そんなん知るか。って感じだ。」

理子「タイムリミットは、12時まで!午後は嘘のネタばらしらしいからね。」

そこは何故か守るあたり、楽しければなんだっていいのだろう。全く、お気楽なやつだぜ。

聖菜「うん、わかった。」

理子「よーし!それじゃ、嘘つき大会開始ィ!」

ここからはグダる未来しか見えないが、まぁそんなことはドブにほおり投げて。嘘つき大会、開催かいさいでごわす。



コメント来たので
☆コメント返信のコーナー☆

・アニメ好き不登校さん
「もっと冷たく!!」

→これ以上は、大和の性格上、難しいです。
大和は「何人も自分の近くの人が死に、もう誰も失いたくないという気持ちから、全て1人で抱え込もうとする、優しすぎる少年」という立場なので・・・。

・ミラル ムカデさん
「大和しばかれたい?」

→大和「(しばかれたく)ないです。」

・颯★改さん
「文化祭何やるの?」

→クラスは、外でたこ焼きとベビーカステラ、中で喫茶店きっさてんもどきをやっています。さらに、僕だけじゃないですけど、科のお手伝いと、ステージ発表をやってます。
今日までなので、頑張ります!

・ルイさん
「大和、Sに目覚める?」

→大和「(目覚め)ないです。」
ネタの使い回しです、すみません。

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く