女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

119話 音割れ○○○○と幽霊の悪戯




俺が親に呼ばれて下に行った時には、千名美さんの姿はなかった。

2人の顔には泣きはらしたあとがあり、千名美さんが消えてしまったことを裏付うらづけていた。

ちゃんと話も出来たみたいで、よかったぜな。



・・・ただ、母さんが父さんのことを定期的にポカ・・・ポカと、軽くなぐっていたのはなんだろうか?まだプリンのことを怒っているのだろうか?




次の日。

俺が理子と共に教室に入ると、半分くらいのクラスメイトがこっちを見てきた。いつもは見もしないのに。

なんなんだ?いったい・・・。




そして、昼休み。

俺が席を立とうとすると、いきなり俺の方に、ダダダッとクラスメイトが走ってきやがった。

大和「what!?」

クラ1「おい大和!お前、学校でハーレム築いてるってホントか!?」

クラ2「後輩を手駒てごまにしてるって!?」

クラ3「大和君、私もハーレムの中に入れたりしないかな!?」

などなど、色んな言葉が飛びかった。

大和「ちょっ、ちょっと待て!1人ずつ答えるから!」

このままじゃキリがないため、仕方なく答えることにした。

大和「で、なに?」

クラ1「学校でハーレム築いてるのか?」

大和「築いない。そんなことした覚えはないぞ。」

クラ2「後輩を手駒にしてるってのは?」

大和「まさかとは思うが奈緒のことか?手駒になんかしてねぇよ。」

クラ3「私も大和君ハーレムの中に入れないかな・・・?////」

大和「そもそも築いてないですし、そんなのありませんから・・・。」

その後も、何人かの質問に答えた。

中には「妹くれ!」なんて言い出した野郎やろうがいたから、とりあえず耳元で〝音割れポッター〟流しておいた。大音量だいおんりょうで。イヤホンで。

気絶したのは言うまでもない。言ったけど。

大和「てか、そういう情報、誰から聞いた?」

何故か、誰にも言ってない情報まで知っていたため、俺は気になって聞いた。

クラ1「それが、誰かは分からねぇんだよ。知らない人だったし。」

大和「知らない人?」

知らない人の話を、ホイホイ信じるこいつらを少し呆れながらも、俺はその人の特徴を聞いた。

・・・それは確かに、俺の知ってる人だった。

あの人、関わった人にしか見えないんじゃなくて、自分が姿を見せたいと思った人だけに見せてたのか・・・。

とりあえず、俺は教室のまどを開けて、その人がいるであろう空に、こう叫んだ。





大和「バカヤローーっ!千名美さん、何を広めてやがるーっ!」



最後のネタがわかる人、いるかな?w

コメが来たので
☆コメント返信のコーナー☆

・アニメ好き不登校さん
「最初の3人との合流はアホと変態となのですの方がいいと思います(個人の意見です)いつも楽しく読ませていただいてます
これからも頑張ってください」

→コメントありがとうございます。そっちの方がいいですね!変えておきました~。

・ミラル ムカデさん
「なんだろう
これバトルもの?」

→な、何を仰っているので?学園モノですよぉ(震え声)

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ミラル ムカデ

    リア友現る?www

    1
  • ずっと一緒だよ

    今日練習疲れましたね焼きに行きますか?

    1
コメントを書く