女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

111話 〇ン〇・ク〇〇〇ンッ!




大和「あーっ、カラオケ楽しかったな!」

聖菜「そうだね~。この人数だと、2時間なんてあっという間だったね。」

雫「理子ちゃん、歌がお上手なんですね。」

理子「え~?そんなことないよ~///」

奈緒「またみんなで行きたいのです!」

加奈「そうだな!」

ジェリー「つぎく、るときには、うたをうたえ、する!」

大和「おう、頑張れよ。」

俺たちは、駅前のカラオケ屋で2時間ほど歌ったあと、商店街しょうてんがいをぶらぶらとしていた。

奈緒「なんか、これで解散かいさんってのは少し物足りない気がするのです。」

大和「だよな。俺もそう思う。つっても、今からどっか行くってのも無理があるしなぁ・・・。」

今の時刻は5時半過ぎ。今から行くと、帰りが地獄じごくと化すため難しかった。

聖菜「あ、そういえば」

聖菜がなにかひらめいたように言う。

聖菜「この商店街の奥に、先週ゲーセンが出来たんだって。」

奈緒「うわぉ。なんというテンpむぐっ!?」

雫「はいはい奈緒ちゃん。自重じちょうしましょうね~。」

奈緒「むぐぐー!」

雫「それ以上あばれるなら・・・穴という穴にぶち込みますよ?」

奈緒「むぐぐ・・・!?」

雫「そうですねぇ・・・ほうきの持ち手部分なんてどうでしょうか?大和くん。」

大和「なぜ俺に聞く。てか、やめてやれ。あんまり奈緒をいじめてやるな。」

雫「・・・はぁ、分かりました。・・・命拾いしましたね。」

奈緒「ひぅ・・・!」ガクブル

大和「・・・と、まぁそれは置いておいてさ。どうする?ゲーセン行くか?」

聖菜「行きたい!」キョシュ

理子「私も!」キョシュ

雫「ふふ・・・。ゲームマスター雫の腕の見せどころです・・・。」キョシュ

奈緒「い、行きたいです・・・。」フルエナガラキョシュ

加奈「おう、行きたい行きたい!」キョシュ

ジェリー「いて、みたいです!」キョシュ

大和「おし、満場一致まんじょういっちだな。それじゃ行くか。」

5人「おーっ!」

そんなこんなで、俺らはゲーセンに向かった。










えっと・・・なんていうか、行ったあとはすさまじかった。

ゲームマスター雫の名は伊達だてじゃなく、格ゲーでは負け無し、どのゲームでもハイスコア。マジでやばかった。

俺らはUFOキャッチャーやら、音ゲー観戦かんせんやらで時間を潰し、雫がやめ、みんなで店を出た時には、すでに満天まんてんの星空があった。

・・・やらかしたね、うん。



題名でわかる人はわかると思いますが、カット多めです。

キ〇グ・〇リムゾ〇ッ!

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ぷそライク零

    タイトルより~
    キングクリームパンかな?(白目

    2
コメントを書く