女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

106話 カカオ豆の加工品争奪戦?




理子「おはよう、ヘタレチキンの申し子。」

大和「おぅ、おはよう。天然鬼畜野郎てんねんきちくやろう。」

理子&大和「・・・イラッ☆」

次の日から二つ名で呼び合うことにしたのだが、おたがいイラついててしまい、即廃止そくはいしとなった。

一日を無駄むだにしただけだった。くわばらくわばら。

その後は特筆とくひつするようなことも無かったため、1ヵ月近く飛ばしてしまおうそうしよう。

まぁ、そんなこんなで今日の日付は〝2月14日〟。

チョコ(というか恋)にえた男どもの大戦争だいせんそうの日だ。




どこぞのアニメだの小説だのにあるような、下駄箱げたばこ開けたらチョコドサドサーッと言うようなシチュもなく、普通に教室に着いた。

教室に入ると、みんなソワソワとしている人が多かった。

それもそうか。俺みたいなのにはえんもないが、今日はバレンタインデー。ソワソワもするだろう。

俺は呼び出されてチョコをもらう人や、そのままラブじゅうと化す奴らを横目に、同好会へ向かった。

ドアを開けようとドアノブに手を伸ばした時だった。

グッと誰かに後ろから引かれ、口を抑えられた。

大和「~~!?」ジタバタ

呼吸もろくに出来ず、俺はそのまま意識いしきうしなった。




大和「・・・・・・ん。」

俺が目を覚ましたら、見慣れた遊戯室ゆうぎしつだった。



大和「・・・!?」ガタガタ

椅子いすしばり付けられていた。亀甲縛りで。・・・いやなんで?

すると、ガチャッという音を立てながら、いつものメンバー(+‪α‬)が入ってきた。

理子「あ、起きたんだね、大和。」

大和「理子。これはなんだ?」

理子「逃げないように縛りやした!」(`・ω・´)ゞビシッ

大和「嫌な敬礼だ!」Σ(゚д゚lll)ガーン

てか、なんで縛ったし。

聖菜「それはね、大和くん。」

おい、さらっと心の中を読むな。

聖菜「その・・・チョコを渡そうと思って・・・。」

ハイハイチョコね・・・。

大和「・・・ってチョコォォォォァォォォォ!?」

なんと・・・。そんなイベントが俺にもあったのか・・・。

奈緒「はい、チョコなのです。が、頑張って作ったのですよ。」

手作りktkr!!

雫「でも、大和くん。そう言ったら逃げそうだから。」

加奈「あたいが気絶きぜつさせて、理子ちゃんが縛ったってわけ。」

大和「犯人はお前かこんちくしょう!」

どおりで逃げられなかったわけだ・・・。

中守「理子ちゃん、凄かったよ?亀甲きっこう縛りをものの3分程でやってのけたもの。」

大和「先生も止めてくださいよ!なーに傍観ぼうかんしちゃってんですか!」

中守「私もこっち側だからねぇ。」

大和「どちくしょおぉぉぉ!!」

理子「ほらほら暴れないの、大和。女の子からチョコ貰えるんだよ?しかも、6人。幸せでしょ?」

大和「あぁそうだな。だが、状況で幸せ感0だ!」

聖菜「誰からチョコあげる?」

雫「どうしましょうか。」

こいつら聞いてねぇ。

全く、どうしてこうなっちまうんだかなぁ・・・。



コメントついたので
☆コメント返信のコーナー☆

・ミラル ムカデさん
「逃げるな~
毎分投稿の刑だぞー」

→やめてください死んでしまいます。
あとで毎日投稿やる気がするんで、それで許してぇ。
さすがに毎分は厳しスギィ!

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ミラル ムカデ

    分かった止めます
    てかコメントボクだけ……
    作者さんいじり独占イエーイ

    2
コメントを書く