女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

92話 ジェリーと学校とポカーンと




それからは、こんな風にことが進んだ。

鈴は(゜д゜)ポカーン、ジェリーは?を頭にかべたような顔になり、俺を見た。

俺はジェリーに「ちょっと待ってろ!」とだけ言い、下にりた。

俺は親に「おはよう!」と軽くいい、素早すばや受話器じゅわきを取った。

相手はもちろん、学校。

大和「あっ、もしもし!花咲高校はなさきこうこう2年、稲木大和ですけども!」

教頭「えっと、大和くんだね?どうしたんだい?」

俺は教頭先生に「ホームステイが突然うちに来たんで、花咲高校に入らせたいのですが!」と説明した。

教頭「・・・はい?」

まぁ、そう返すよな。

それからはとてもややこしい話になり、そうこうしているうちに、話し相手が校長に変わっていた。

校長も「うーん」だの「そう言われても・・・」だの、曖昧あいまいな返事だったが、俺が一言、「可愛かわいい女の子です。」と言った瞬間しゅんかん、声のトーンが変わり、そくOKが出た。

ものすごい変わりように、若干じゃっかん・・・いや、結構けっこう引いたが、とりあえず入れることになった。

俺は受話器を置き、上に向かった。

大和「喜べ諸君しょくん!OKが出た!」

小鈴「はぁ!?」

ジェリー「ほんと、ですか!」

大和「あぁ!やってやったぜ!」

小鈴「信じられない・・・。」

大和「まぁいいじゃねぇか。さて、制服せいふくだが・・・。」

そう、それが1番の難点だった。

ジェリーの制服。女の子の制服を俺が持っているわけもなく、どうしようか迷っていた。

・・・いや、あるにはある。でも、使っていいものなのか・・・?

すると、鈴がこう言った。

小鈴「もう、お姉ちゃんの使うしかないんじゃない?予備よびがクローゼットの中にあったよね?」

大和「・・・そう、なんだが・・・。」

姉の物を、そう簡単に使っていいものなのか、俺はなやんでいた・・・が

大和「まいっか。」

うちの家系の特性、〝まぁいいかの精神〟で、使うことが決定した。

俺は姉の部屋に入り、クローゼットの前までくる。

大和「・・・姉ちゃん、ごめん。借りるね。」

そういい、クローゼットを開けた。



ドサドサドサッ

にぶい音を立てて、クローゼットから本がたくさん転げ落ちる。

大和「な、なんだ?」

俺はそのうちの一つをとり、表紙を見た。

大和「(゜д゜)」

・・・まぁ、なんだ。あれだ。〝高校生や大学生がよくベッドの下にかくすやつ〟だった。

しかも、全部〝姉弟〟物。

俺はしばらく動けず、動けるようになった時には、本の一つを自分の服の中に入れたあとだった。

大和「・・・。」

俺は姉ちゃんの予備の制服と、本1冊をもち、それ以外はきちんと閉まってから、部屋をあとにした。

本を持ち去った理由?・・・ね、姉ちゃんの形見かな。(すっとぼけ)



☆コメント返信のコーナー☆

・くとぅるふさん
「姉ちゃん怖えぇぇぇ、、、」

→大和の姉ちゃんは大和LOVEだからね仕方ないね

・モミジさん
「頑張って」

→はい!これからも頑張ります!

・秋薙さん
「応援しています!
頑張って下さい。これからの投稿も楽しみにしてます!」

→応援ありがとうございます!これからもこのペースで頑張りますので、よろしくお願いします!

皆様、コメントありがとうございます!


「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ぷそライク零

    持ち去るなんて・・・不謹慎DA!!(イイゾ!!モットヤレ!!

    1
コメントを書く