女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

91話 わんわんお、喋る、わかる?




「・・・・・・・・・さま」

ん・・・。

「・・・・・・じんさま」

んん・・・?誰かしゃべって・・・?

「ごしゅ、じんさま!」

その声で、俺は目を覚ました。




大和「ん・・・。」ゴシゴシ

俺は目を覚まし、起き上がった。

さっきの声は・・・夢か?

そう思った。が

ジェリー「おはよ、ございます!ごしゅ、じんさま!」ブンブン

夢じゃなかった。




大和「・・・what!?」

俺は突然のことでびっくりし、5秒ほど止まっていた。

その後我に返り、咄嗟とっさに出たのは英語だった。

てか、え?なんでジェリーが、言葉を?犬でしょ?

そう思っていたら、ふいに首根っこをつかまれた。

大和「!?!?」

俺はびっくりし、後ろを向いた。

・・・そこには。

小鈴「おはようおにぃ。場合によっては永遠えいえんに寝てもらうけどね。」

大和「/(^o^)\」

激おこプンプン丸も青ざめるほどの、鬼以上の気迫きはくの鈴がそこにいた。

大和「お、おはよ・・・。」

小鈴「うん。で?誰これ?」

大和「えーっと・・・犬?」

小鈴「なんで疑問形ぎもんけいなの、ねぇ?」ギリギリ

大和「ちょ、やめ、痛いから!」

小鈴「断る!!」

大和「ノォーーッ!」

俺は死にそうになった。

そんな俺を助けてくれたのは

ジェリー「だめ、ですよ!いもうと、さん!さき、わたし、はなたでしょ!」

ジェリーだった。おぉ、天使だ・・・。

小鈴「そうは言ってもね、ジェリーちゃんよ。こやつは、女たらしでっせ。」

ジェリー「ごしゅ、じんさまは、やさしだけ!たらし、ない!」

片言の日本語だが、意味は伝わる。本当に、天使や・・・。

小鈴「・・・はぁ、わかったよ。」

そういうと、鈴は俺の首を離した。

大和「ゲホゲホッ!」

小鈴「おにぃが起きる前に、日本語教えて色々聞いたんだ。この子が昨日の犬だってことも、ね。」

じゃあ首根っこ絞める必要ないやんけ。そう思ったが、言わないでおこう。今、余計なことを言ったら、口をい合わされる気がする・・・。

大和「で、鈴。どうすればいいと思う?」

小鈴「なにが?」

大和「ジェリーのこと。俺ら学校じゃん?このままここに置いていたら、母さんに見つかっちまうだろうし・・・。」

小鈴「・・・たしかに。」

大和「だろ?どうすっかな・・・。」

俺たちが考えていると、

ジェリー「あ、あの」

ジェリーが声をかけてきた。

大和「ん、なに?」

ジェリー「わたし、ごしゅじんさまの、がこ、いてみたいです・・・。」

大和「俺の学校・・・そうだ!それだ!」

俺はその一言である考えを思いついた。

小鈴「な、何を思いついたの?」

大和「ジェリーだよ!こうすればいいんだ!」
 
俺はこしに手をあて、言った。




大和「ジェリーを、ホームステイってことでうちのクラスに入れりゃいいんだよ!」




☆コメント返信のコーナー☆

・ミラル ムカデさん
「お疲れ様です!」

→はい!(`・ω・´)ゝ

・白川真波さん
「こんにちは!楽しくよませていただいてます!
表現上の誤りを見つけました
『ぱっと出』→『ぽっと出』ですよ」

→ご指摘ありがとうございます!こういうコメントは、本当にありがたいです!まだまだ初心者なので、色々至らない部分があると思いますが、何卒なにとぞ、よろしくお願い致します!

・ミラル ムカデさん
「僕もありません
つーか要りません」

→僕もそう思います。幽霊が見えて、何かいいことでもあるのでしょうか・・・?僕はないと思うので、要らないですね。コメあざっす!


「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く