女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

88話 マジックだワン&お知らせ




1月17日。

俺は父さんが書いてくれた
「これを見るだけで、あなたもマジシャン 必勝!幻術マジックマニュアル」
とかいう、とても胡散臭うさんくさいものを軽く見て、それをかばんにしまった。

そして、理子が「お楽しみはとっけおけ!」という捨て台詞ぜりふをはいて先に行ってしまったため、1人で登校していた。

すると、後ろから誰かが飛び乗ってきた。

「ぅお!?」

俺はびっくりし、よく分からない言葉を発しながら、なんとかバランスを保つ。俺は後ろを向いた。

奈緒「おはようございますなのです!大和先輩!」

奈緒だった。

大和「あ、あぁ、おはよ。お前なぁ、飛び乗るのはやめろよ。周りの目だってあるんだぞ?」

俺は近くにいた男どもからリア充が・・・というような目で見られた。

奈緒「まぁまぁ、それより大和先輩。」

奈緒が降りてから俺に問いかける。

大和「ん?なんだ?」

奈緒「1日でマジック覚えてこいとかいう横暴。私はなんとか覚えましたが、先輩はどうなのですか?」

大和「横暴・・・まぁ、一応覚えたぞ。」

奈緒「ふふ、楽しみにしてるのですよ!それじゃあ!」

奈緒は走っていった。

大和「結局けっきょくぼっちなのね俺。」

俺は溜息ためいきをつき、学校へ向かった。




時は水洗便所すいせんべんじょのように流れ、放課後。

俺たちは、遊戯室ゆうぎしつに集まっていた。

雫「ふふ、では始めましょう?」

理子「そうだね。それじゃ、誰からやる?」

奈緒「私からやるのです!地味なので!!」

あ、最初に言い切りやがった。

奈緒が前に出る。

奈緒「それでは始めるのです。まずここに何の変哲へんてつもない・・・」

長いからカットで。

やったことを要約すると、トランプといったらこれと言うほど王道な、好きな数で止めさせ、それを見てもらって当てるというものだった。

奈緒「ありがとうございました!」

マジックが終わった奈緒は、お辞儀じぎをした。

大きな拍手・・・をしたのは、俺と先生だけだった。

ほかの人は口を揃えて、「地味」という始末。

理子曰く、「刺激的なものがいい」とのこと。難易度なんいどがグッと上がった。




・・・さて、結果から先に言おう。
(というか、結果だけ言うわ)

先生は王道をやり地味と言われ、加奈、理子、聖菜に関しては、奇抜さを求め失敗。

雫は・・・なんだ、とても凄かった。

文字なんかじゃ表せないくらい、とても凄かった。言い出しっぺの法則とか言うのがあるが、ありゃ嘘だ。そう思った。

なんていうか、もしこれがOVAになんてなったりしたら、それだけで1話出来んじゃね?ってほどだった。

そして、俺の番。てか、最後。

プレッシャーが半端じゃなかった。

俺のマジックなんだが・・・父さん、これ成功するわけないやろ。というものだった。

なんでも、トランプをある法則で並べ、生物を生成するというものらしい。

俺はもう、自暴自棄じほうじきになり、やった。

大和「ここにトランプがありまーす。そしてこう並べマース。」

奈緒(先輩・・・適当スギィ)

大和「そしてー・・・いでよ生物、我が元に~」

俺は目をつむって、超絶ちょうぜつ適当に言った。

・・・静寂せいじゃく

まぁ、出るわけないよなぁ。



・・・が。

その静寂は、突然破られた。

とある、こんな声によって。

「ワンっ!」

・・・ワン?

俺は目を開けた。



・・・するとそこには。

「(゜д゜)」×7

机の上に、犬が思いっきり座っていた。




駅でたまたま見た、犬の広告から思いついたネタです。これで許してください。


☆ついでにお知らせ☆
近々、コメント返信のコーナーなんてやろうと思っていたりいなかったりしてます。

コメント返信だけを○○.5話みたいな感じにして出すか、こんな感じに、各話の最後に少しずつ返信していくかで迷ってます。どちらがいいですか?

教えてもらえると助かります。
(やって欲しくないって人は、どうぞ言ってください。)


「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー191012

    分けた方がいいと思います。

    1
  • ミラル ムカデ

    ボクらも作者も楽しめるに越したことはないので好きな方を

    1
  • 颯★改

    いつも見てます。
    コメントは分けた方がいいと思います。
    これからも無理せず頑張ってください。

    1
コメントを書く