女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

76話 登校日は最悪なようです(ザマ




1月8日。

2週間の短い休みも終わり、3学期がっき初の登校日とうこうび

お年玉という名の臨時収入りんじしゅうにゅうもたんまりももらった。やったぜ。

まぁ、すでに半分も使っちまったんだけどな!(あるあるだよね!)

俺は元気に家のドアを開け、1歩み出したそこは







一面真っ白な世界だった。




大和「あれ・・・神様の部屋?じゃねぇよなぁ・・・。」

なんかもう、真っ白=神様の部屋みたいなところがあるけど、ここはそんなんじゃなかった。

大和「ん・・・?あそこにあるのは・・・。」

俺が見つけたのは、とある看板かんばん。それは


大和「いやあれ・・・うちの近くのコンビニじゃねぇか!てことはここうちかよ!」

家の近く+真っ白=?

もうなんとなく、分かったんじゃないだろうか。

そう、この真っ白は。





大和「雪だわ、これ。」





・・・いや、雪なのはいいんだよ?うん。

・・・でもさぁ。

大和「ゆうに1mはもってんぞこれ!」

俺の地域は、滅多めったに雪など降らない。

つまり、この状況じょうきょうは、とんでもない異常事態いじょうじたい

すると

理子「大和ー!」

理子がこちらに走ってきた。

大和「おう・・・っていや、おま走るな!
こr」

転ぶぞ、と言いかけた時

理子「わっぷ!」

思いっきりすっ転び、雪にもれた。

なんて、タイミングの良すぎるやつなんだ、あいつは・・・。

大和「大丈夫か?」ズボッ

俺は理子を起こした。

理子「あ、ありがとう・・・死ぬかと思ったよ。」

大和「全く、走るなと言ったのに・・・。」

理子「聞こえませんでした!」
(๑>؂•̀๑)テヘペロ

大和「なんでもかんでも、それやっときゃいいってもんじゃねぇんだぞこら」

まぁ、可愛かわいいし、許すけどね?そんな怒ってないし。

大和「さて、今日は休みか?」

俺はそく、家に帰ろうと思いながら言った。

が、返ってきたのは、いやな返事だった。




理子「え?今日は登校だよ?」




大和「はぁ!?この状態じょうたいだぞ!?」

理子「んー、なんか校長から直々じきじきにメールがあったらしく、始業式しぎょうしきは明日にするけど、今日は雪合戦ゆきがっせんやろうぜ!ってさ。」

大和「なに考えてんだ、あの校長ハゲは・・・。」

理子「冬休みでなまった体を動かそう!とのことだよ。」

大和「あぁ、そう・・・(無関心むかんしん)」

理子「ほら、おくれちゃうよ!早くい・・・きゃっ!?」ドスッ

理子は走ろうとし、また雪に埋もれた。学習能力がくしゅうのうりょく皆無かいむか、こいつは。

大和「全く・・・。」ズボッ

俺は理子をうしろからかかえるようにして、起こした。

大和「少しは学習しろ。」ムニュッ

理子「え、へへ・・・。」

大和「先が思いやられるぜ・・・。」フニッ

理子「・・・大和。」

大和「ん?」フヨッ

理子「・・・どさくさにまぎれて、なにむねんでんの?」

大和「!?!?」バッ

なんと、俺の手には自我があるようだ。全く気が付かなかったぜ。

大和「手が勝手に動いてしまったようだな、ハッハッハ!」

理子「変態へんたい。」

大和「( ゚∀゚)・∵.グハッ!!」

大ダメージだった。

理子「・・・まぁ、少し嬉しかったけどさ・・・。」ボソッ

大和「な、何かおっしゃいました・・・?」

理子「んーん、なにも。ほら、早く行くよ!」

大和「お・・・おぅ・・・。」ズーン

俺は変態扱いされ、とてもブルーな気持ちで学校へ向かった。




自分で書いてて、大和にイラついてきたこの頃
by作者


「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 白狼

    全員囲んでエッチしてそして責任取っとけこの下衆やろー

    4
コメントを書く