女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

65話 テンプレ?当たり前だよなぁ。




プレゼント交換も終わり、俺らは適当にくつろいでいた。

奈緒に関しては、まだ手袋とマフラーをいじってるけどな。

ふと気になり、理子にこんなことを聞いてみた。

大和「なぁ、クリスマスパーティの内容ってこれだけか?」

すると、理子がすくっと立ち上がった。

理子「よくぞ聞いてくれました!」

親指をたて、グッジョブと言わんばかりにこっちに向けた。

・・・いや、正式にはグッジョブと言っていた。目で。どうやら、切り出すタイミングをのがしていたらしい。

理子「実は・・・じゃーん!これをやろうと思ってさ!」

理子はかばんから何かを取り出した。

大和「・・・ハーレム勇者の冒険?」

パッケージには、「ハーレム勇者の冒険(ウラヤマ~)」と書かれていた。

・・・ん?待てよ。

聖菜「それ・・・CSのゲームでしょ?」

そう、ハレ冒は満天館まんてんかんが出している、CSのゲーム。

この部屋には、CSはない。

理子「大丈夫!」

理子がバッグのとなりにあった紙袋を持ち上げる。

理子「テッテレー!」

理子がなにか出てきそうなBGMとともに、大量のCSとソフトを取り出した。

雫「こ、こんなにどうしたんですか?」

大和「・・・理子の父親は、ゲームマニアなんだよ。だから、同じのを何個も買ってくるんだ。」

理子「そ。だからそのうちの何個かをパク・・・借りてきたんだ!」

大和「おい」

無断むだんだった。

奈緒「まぁまぁ大和先輩。どうせ暇なんだからいいんじゃないのですか?」

大和「ん・・・まぁそうだが・・・」

加奈「ほら、やろうぜ!」

大和「・・・はぁ、わかったよ。」

俺はちょっとやってみたいというのもあり、簡単かんたんに折れた。

理子「それじゃ、始めよー!」

みんなしてソフトをいれ、CSを立ちあげる。

そして、ゲーム画面が出てきてため、スタートボタンを押した。








・・・が。

一向に始まる気配は無く、それどころか、画面がうずを巻いてきた。

大和「・・・なぁ、理子。」

理子「・・・なに?」

大和「・・・俺、こういう展開をマンガで見たことあるんだけどさ。」

理子「・・・私も。」

聖菜「・・・同じく。」

雫「私もです・・・。」

奈緒「私もあるのです・・・。」

加奈「テッパンだよな。」

中守「ですね。」

大和「こういう時って、大抵たいていさ・・・」












大和「ゲームの中に入れられちゃうよね。」

俺がそう言った瞬間しゅんかん、画面の渦が強くなり、俺たちはどんどん吸い込まれていった。

もうほとんど飲み込まれたとき、俺はこう言い放った。






大和「やっぱり、か。このテンプレ大魔王だいまおうめ。」




任○○さん、ごめんなさいm(_ _)m



「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く