女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

50話 ヴィーちゃんな山姥




「えっ?なんだって?」

俺は思わず聞き返してしまった。

「だから、向こうに戻るか、それか・・・その・・・」

「その?」

「・・・僕の、お、おっとになってここで暮らすか。」

夫・・・夫ねぇ・・・

     ーーーーーー
ヤマトノノウナイ
夫→夫婦ふうふ結婚けっこん

今の現状→プロポーズ
カシャカシャチーン
     ーーーーーー

「ハアァァァァァァァ!?」

何を言ってるか理解した俺は、とりあえずさけんだ。

いやだって・・・なぁ?

「!?!?///////」

俺の考えを読んだヴィーちゃんが顔を真っ赤にしてオロオロとしだした。

「えっと・・・なんで夫なんです?」

俺はとりあえず聞いた。

「その・・・君に一目惚ひとめぼれしちゃって・・・」

「お、おう・・・さいですか・・・」

面と向かって告白されたことがなかったため、俺もドギマギとしていた。

てか夫って・・・早すぎひん?

「えっとじゃあ・・・ごめんなさい?」

「なんで!?何で!?」

「いやだって・・・初対面の人に告白されても・・・。」

俺がそういうと、ヴィーちゃんの動きがぴたっと止まった。

そして、こういった。

「・・・わすれ・・・ちゃったの?」

「はい?」

「初対面じゃないからね?前にもあってるでしょう。」

「え?えーと・・・」

何のことか、俺にはさっぱりだった。

こんな場所知らないし、ヴィーちゃんと会った記憶きおくもない。

「・・・忘れちゃったか・・・。じゃあ、思い出させてあげる。」

そういって、ヴィーちゃんは俺の頭に手を乗せる。

「・・・!?」

記憶が、俺の頭の中に入ってくる。

俺は眠気におそわれ、目を閉じた。








目を開けると、そこは交差点だった。

ここは・・・小学校の登校ルート?

なつかしい景色が、そこにあった。

すると、ドンという低い音が、近くで聞こえた。

音のした方を見ると、1人の少年が倒れ、1人の少女が少年を揺らしていた。

大人がやってきて、電話をする。

・・・あぁ、思い出した。

あれは、小学校1年生の時。

理子のところに車が突っ込んできて

俺が理子を突き飛ばして












俺が、交通事故にあったんだったな。








そうだ、その時にさっきの浮遊感を感じたんだ。

そして、目を覚ましたら女の子の部屋で、そこに1人の女の人がいたんだったな。

フリフリのスカートで、可愛らしい服を着た、山姥やまんばメイクの・・・ん?

山姥メイク?

あれ、あの顔、よく見たら・・・まさか!?

俺の夢は、そこで終わった。







「思い出した?」

ヴィーちゃんが俺をのぞき込む。

「・・・あぁ、思い出したよ。・・・でもな、ひとついいか?」

俺はヴィーちゃんのうしろにまわった。

「ん?なに?」

















山姥やまんばメイクじゃ分かるわけないだろおんどりゃあぁぁ!!!」

「すっぺらぴっちょん!」

俺は渾身こんしんの平手打ちをかました。

尻に。


「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く