女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

43話 もういない子に




理子に説明したあと、俺はポカーンとしている理子をさぶって起こし、学校についた。

俺のことは、昨日の間に幽霊たちに伝わってらしく、俺の方を見て、のろい殺そうとしてきたり、取りこうとしてくるやつもいた。

まぁ、全部姉ちゃんが追いはらっていたけど。

そんなこんなで放課後ほうかご

俺はいつも通り、遊戯室ゆうぎしつおもむき、理子たちとだべっていた。

「どう?大和くん。あと少しでテストですけど。」

「うっ・・・。」

「大和にそれを聞くのは厳禁げんきんだよ、百合野ちゃん・・・。」

『なに大和、まだ頭悪いの?』

「全く、だらしないのですよ。」

「1年の中で最後から5番目のやつに言われちゃおしまいだぜ・・・。」

「う・・・あ、あれはたまたま、読みが外れただけなのです・・・。」

「奈緒、いつもそれ言ってない?」

「う・・・。」

『馬鹿ばっかりねぇ・・・。』

(姉ちゃん、学年で最下位さいかいだったじゃん・・・)

姉ちゃんが話に混じってくるせいで、若干じゃっかんややこしくなっているが、 こんな感じだった。

そして、帰り際のこと。

「さて、そろそろめるか。」

「そうだね。」

「あ、俺やっとくから、みんな帰ってていいぞ。」

「いいんですか?」

「私達も手伝うのですよ。」

「大丈夫、簡単かんたんな片付けだけだからさ。」

「・・・そっか。わかったよ。理子ちゃん、行こ。大和くん、下で待ってるね。」

「あ、あぁ。(別に待っててくれなくてもいいのに・・・。)」

理子たちは部屋から出た。さて、と。

「少し掃除するか。」







俺は5分ほど掃除をした。短い?知らんな。

「よし、帰ろ。」

そう思ってドアを開けたとき。

ギュッ











誰かに抱きしめられた。そんな気がした。

気がした、と言っているのは何故かというと、抱きしめられたような気はするんだが、ぬくもりがなかったから。

少し、寒気もした。

なんだろうと思って、俺は後ろを向いた。

そこには


















「え・・・あ・・・なん、で・・・」

・・・。

「お、お前・・・」

・・・。ニコッ

「あ・・・あ・・・お、俺、俺は、お前を・・・。」

・・・。スッ

「あ、まっ、待ってくれ!行かないでくれ・・・!!」

・・・。ニコッ

フッ

「ごめん・・・ごめん・・・助けてあげられなくて・・・」










そこには

もう、この世に居ないはずの

かつて、もう1人の幼馴染おさななじみだった

とある、女の子の姿があった。


明日から3日間テストです、はい。
つらすぎなんだよなぁ・・・。by作者

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ルイ

    頑張ってください‼
    次のストーリーとても気になる。

    4
  • 煉

    僕もテストして、意外にも良い点取れたので、良い点が取れるように応援しています。
    投稿も、頑張ってください。

    3
  • 秋薙

    応援してます!
    頑張って下さい。これからの投稿も楽しみにしてます!

    4
  • モミジ

    頑張って

    4
コメントを書く