女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

41話 悲しみの別れ(かもしれない)




俺と姉ちゃんは、泣きはらしたあとに俺の部屋に行った。

「姉ちゃん、ほんと久しぶりだね。えと・・・元気にしてた?」

『久しぶり。まあ、元気っちゃ元気だよ。幽霊だけど。』

「・・・姉ちゃん。」

「ん?」

「俺、ずっとあやまろうと思ってたんだ。」

『なにを謝るの?2年前に私のプリン、食べちゃったこと?』

「い、いやそうじゃなくて・・・その、姉ちゃんが事故じこにあったのって・・・俺のせいだよね。」

『・・・え?』

「・・・姉ちゃん、死んでもずっと俺があげたブレスレット持ってたんだ。ってことは、それをずっと見てたせいで、車に気が付かなかったんでしょ?」

『・・・』

「だから、俺のせいで、姉ちゃんh」

『バカ!!』

「っ!?」

姉ちゃんに怒鳴どなられた。

『大和のせい!?そんなわけないでしょ!!あれは私の不注意ふちゅういのせい!大和は関係ないの!』

「いや・・・でも」

『それに・・・私、とっても嬉しかったんだよ?不器用ぶきような大和が一所懸命いっしょけんめい私のために作ってくれて・・・。』

「姉ちゃん・・・。」

『だから・・・そんな事言わないでよぉ・・・』

そういう姉ちゃんの目からは、大粒のなみだこぼれていた。

「・・・ごめん」

『・・・ううん、分かればいいの。』

俺たちは少しの間、しんとしていた。










「そういえばさ」

俺は姉ちゃんに切り出した。

『ん?』

「姉ちゃんの姿、2年前と全く変わってないよね。幽霊って歳とかとらないの?」

『とらないよ。というか、もう2年もたってるんだよねぇ・・・早いもんだなぁ・・・。』

「そうだね、あっという間だったよ。」

『ね。』

姉ちゃんはにっこりと笑って言った。

「・・・?」

俺はどことなく違和感いわかんを感じた。・・・さっきより、姉ちゃんがうすくなって・・・!?

「っ姉ちゃん!!体が・・・!!」

『ん?・・・あぁ、そっか。』

「姉ちゃん・・・?」

『実はね、私がいれるのは2年間だったんだ。今日がちょうどその日。』

「そんな・・・。」

『大和、嬉しかったよ。最後にこうやって話せて。』

「やめてよ・・・姉ちゃん、かないでよ・・・!!」

『・・・大和、これ。』

そうやって渡してきたのは。

「これ・・・俺が作った・・・。」

俺が姉ちゃんにプレゼントしたブレスレットだった。

『私の形見だと思って。』

「姉ちゃんっ・・・。」

『・・・。』

その瞬間しゅんかん、姉ちゃんの姿が視界しかいから消えた。

「っ姉ちゃん!!・・・姉ちゃんっ・・・。」

俺はボロボロと涙を流した。・・・姉ちゃん、絶対、忘れないから・・・。






























『じゃーん!びっくりした?』










ブレスレットから声がした。

・・・はっ?

「えっえっえっ」

『へへへ、消えると思った?』

「いやちょ・・・はっ?」

『私は消えませんよ~』

「・・・説明をもとむ」

『いや~私ね、ただの幽霊じゃないんだよね~。えーと、付喪神つくもがみってやつ?』

姉ちゃん(ブレスレット)は、楽しそうにそう言った。

『2年しか居られないってのは本当だけど、それは2年以内に何かにかないと、って意味なんだよね~』

「・・・へぇ」

『だから~、これからはずっと大和と一緒!学校でも、家でも・・・お風呂でも、ね♡』

「」ゾクッ

『よろしくね、大和♪』

はぁ・・・全く。

シリアスを返しやがれ。


「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • くとぅるふ

    姉ちゃん怖えぇぇぇ、、、

    6
コメントを書く