女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

36話 転機となった文化祭 その1




11月30日。文化祭当日。

俺たちは、いつもより30分早く学校に向かっていた。

「いや~きのうはあんま寝れなかったよ~楽しみでさ。」

それに関しては同感だ。俺もれなかった。

「どうなっかな。うまい方に転がってくれるといいが・・・」

俺たちのクラスは決まるのが遅く、ろくに練習できていない。衣装だって、2日前に出来たばかりだ。

俺のクラスは、やるときにはやりすぎなくらいやるタイプで、衣装に関しても、とてもこだわっていた。メークも必要だとかで、女子2人が一所懸命いっしょけんめいメークの勉強をしていた。

「大丈夫だよきっと!みんな頑張がんばってたし!」

「そうだな。」

と、おれがうなずいたとき、

「おーい、2人とも!」

と声がした。

横を見ると、聖菜がいた。

「おう、聖菜。」

「おはよ!」

「うん、おはよ!いよいよだね。」

「あぁ」

「楽しみだね。」

「上手くいくといいなぁ。目指すは、入場者数にゅうじょうしゃすう1位だよ!」

「はは、元気だな。」

「私にはもう、聖菜みたいにさわげる元気はないよ~」

「騒がなきゃダメだよ!一年に一度の文化祭なんだよ!?」

「2日間あるけどな」

「だから、もっと元気にやらなきゃ!」

あ、俺の話は無視むしですか、そうですか。

「「ほら行こっ!」」

「ちょ、毎度まいどの事ながらうでを引っ張るな!痛いから!マジでシャレにならんから!」

遠回しに、2人の力が強すぎるゴリラ並みと言うことをうったえたのだが、全く聞いちゃいなかった。










「・・・っと、こんなもんだろう。」

クラスでのリハを終え、俺はおかしな所がないか点検をしていた。

そして、大丈夫なことを確認かくにんし、教室でくつろいでいた。(周りのセットが怖すぎて、全くくつろげなかったが。)

他の奴らも教室へ戻ってきて、しばらくすると音声が流れてきた。

『これより、花咲祭はなさきさいが始まります。みなさん、楽しみましょう。』

さて、文化祭のはじまりだ。気合い入れておどろかそう。










最初の方はよかった。うん、最初は。

俺はゾンビ役で、メークがしてくれたリアルメイク(ただし、美男子にされた)のおかげで、「きゃあぁぁ!」だの、「ぎゃあぁぁ!」だの騒いでいた。

のだが。メイク技術が高すぎるせいで、美男子にされたため、いつの間にか女性の「きゃあぁぁ!」が、「きゃあぁぁ♡」に変わっていたし、男の「ぎゃあぁぁ!」は、「ちっ」に変わっていた。

俺が出るのは午前中だけだったため、まだよかったのだが、おどかすために出たのに、カメラを向けられた時はびっくりした。(なお、メークの2人には、あとであやまられた。)

午後は、俺と理子と聖菜の3人で色々回った。

てか、ほとんど全部回るハメになった。

俺たちは1度教室に戻ることにした。

「どうかな?繁盛はんじょうしてるかな?」

「大丈夫だろ、メークが強すぎるし。」

アレハビックリシタネェヤマトクンあれはびっくりしたねぇ大和くん?」

「俺のせいではない。」

「ま、なんだっていいでしょ。ほら、行こ。」

俺は返事をしようとした。

「そ・・・」

だけど、それはかなわなかった。

突然、激しい痛みとめまいが起きた。

「っ!?!?」

俺は思わず立ち止まった。

「大和?どうしたの?」

「大和くん?」

2人がこっちにくる。

大丈夫だ、と言いたかったが、どうやら無理そうだ。

「・・・ごめん、2人とも。」

俺はそういって、たおれた。

「大和!?」「大和くん!?」

2人が俺を抱える。でももう、もたなかった。

俺はそのまま、意識を手放した。


「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く