女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

29話 眠過ぎて草




9月1日、金曜日。天気  快晴かいせい。夏休みが終わり、今日が始業式しぎょうしき。9月とはいえ、まだまだあつい日々は続く。

夏休みの宿題しゅくだい?そんなもん、死ぬ気で終わらせた。昨日、いや、正確せいかくには今日の5時半に。理子にも手伝ってもらい、なんとか終わった。(理子は22時に帰った。)

というわけで、今とてつもなく睡魔すいまおそわれている。ただでさえねむくなる魔法まほうがかかっている校長の話なのに、これでは死ぬ・・・。もう、目が開いているかすら分からない。俺はそんなゆめうつつな状態じょうたいで、始業式を受けていた。

そして、始業式後のHRホームルーム。宿題は今日提出ていしゅつなはずだ。フフフ、去年きょねんはさんざん怒られたからな。だが、今年は怒られない!手札てふだそろった、さぁこい!















が、中守先生は衝撃しょうげきの言葉を口にした。正直、1番言ってしくなかった言葉。それは











「はい、それじゃ、今日はここまでです。夏休みの宿題は、月曜日に提出なので、終わってない人は頑張がんばってくださいね~」

(*・∀・*)ノ ハーィというみんなの声。・・・今、先生はなんとおっしゃった?月曜・・・提出?

お、俺の昨日はなんだったんだ~

俺はショックで意識を失った。












「・・・くん!大和くん!」

「・・・」

「大和くんってば!」

「・・・はっ!」

俺は可愛らしい声に起こされた。

「大和くん、大丈夫?気絶きぜつしてたみたいだけど・・・。」

それは、俺の顔をじっと見つめる、中守先生の声だった。

「え、あ・・・す、すみません。昨日あまり寝てなくて・・・。」

「寝てないって・・・何時まで置きてたの?」

「えっと・・・5時半くらいまで・・・」

「っ!馬鹿ばか!なんでそんな時間まで・・・!!」

「先生が馬鹿なんて言っていいんですか・・・?宿題やってたんですよ、夏休みの。今日が提出日だと思って・・・。」

「だからって、そんな時間まで・・・。」

「仕方ないよ先生。大和、一回やりだしたら、終わるまでノンストップなやつだから・・・。」

ふいに、後ろから声がした。振り返るとそこには、理子をはじめ、聖菜、雫、奈緒といった、ハレム同好会全員どうこうかいぜんいんが集まっていた。

いや、おかしいでしょ。理子と聖菜はともかく、なんで雫や、学年のちがう奈緒までいるねん。

いや、それより

「理子、お前月曜が提出ってこと、知ってたのか?」

「もちろんさぁ」

「なんで教えてくれなかったんだよ!?」

「いやだってさ、大和が頑張ってるのに、邪魔じゃましちゃ悪いし?それに、分かってるもんだとばかり・・・。」

「分かってたら5時半までやらん。」

「てか5時半までやってたなんて、今知ったしさ。」

「まぁ、大和くん」「ようするに」「自業自得じごうじとくってわけなのです。ざまぁなのです。」

「なんか今日の奈緒、風当たり強くない?」

「気のせいなのです、ヘタレシスコン先輩。」

「いつから俺の名前は、そんな不名誉ふめいよなものになったんだ・・・。」

「17日前」

「デスよねー」

「妹キャラは私で十分なのですのに・・・なんでモノホンの妹がいるんですか?」

「知らん、俺に聞くな」

「(´・ω・`) ショボーン」

「・・・はぁ、奈緒。」

「・・・なんなのですか。」ツーン

俺は奈緒の頭をでてやった。

「!?!?//////」

「悪かったって、な?(何が悪いのかわからんけど)」

「うぅ・・・なでなでは反則なのです・・・////」

ふぅ、なんとか機嫌きげんも治ったようだし、よかったよk

「「「「ヤマト(クン)?」」」」

ひっ・・・。































俺はその後、全員の頭(先生もふくむ)を撫でる始末となった。何故だ・・・。


「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く