女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

24話 重なる悲劇は突然に




今日は終業式しゅうぎょうしきの日。これさえ終われば、俺は自由の身だ。やったぜ。

今日は、今日だけは校長の長くウザイ話も、少しマシに聞こえる。内容は全然覚えてないけどな。左で聞いて右で受け流していた。

終業式も終わり、あと残っているのは通知表返還悪魔の儀式だけだ。

俺の番が来て、廊下ろうかに出る。この時間は、いつになっても緊張きんちょうする。

先生の前まで移動いどうする。

「大和くん」

「は、はい。」

「・・・なんていうか・・・その、ね。本当におとうさんそっくりだね・・・」

「・・・はい?」

通知表つうちひょうなんだけどね・・・君のお父さんと全く同じ数字なんだよね・・・。いやー、びっくりびっくり。」

「・・・ほへぇ?」

中守先生によって、衝撃しょうげきの事実が明かされた。・・・なんだって?いま・・・父さんと同じって言わなかったか?

「しかもね・・・数字だけじゃなくて、クラス順位と、学年順位まで一緒いっしょなんだよね。ほんと、奇跡きせきみたい。」

はい父さんと同じって言われてました。なんでやねん・・・。

「・・・そんなことってありえるんですかね・・・。」

「うーん・・・ほんとすごいよね・・・。・・・でもまぁ、流石さすが蒼くんの息子なだけはあるよね。すごい女たらし。」

「おい。」

「ま、まぁ、そういう事なんだよね。なんていうか・・・頑張って?」

「はい・・・。」

俺は通知表を受け取り、自分の席へもどる。
結局けっきょくどんな数字を取ったのかって?体育以外はオール3。体育だけは4。普通すぎますね分かりません。

そして下校中。俺と理子は一緒に帰っていた。

「で?大和、通知表どうだったの?」

「・・・体育だけ4で、その他はオール3だよ・・・。」ズーン

「・・・そ、そっか・・・。」

「・・・理子は今回もオール5か?」

「・・・うん。」

「・・・そっか。はは、ダメだもう。」

いっそのこと、もうあきらめて高校中退こうこうちゅうたいしようかなんて考えていた。

「・・・なんでそんなに取れんだよ・・・ちくしょう。」

「勉強して、真面目まじめに授業受けてるから・・・かな?大和も、もうちょい勉強すれば・・・」

「俺は勉強しようとすると、眠くなる体質なんだ。」

「そ、そっか・・・。」

・・・あれ、俺、このままいくと、ガチでやばい?皆にあきれられて、友達がZERO~になる可能性が・・・?
そう思うと、自然に体が動いていた。シゼンニカラダガウゴイチャウンダ♪

「お願いします理子様!!私めに、勉強を教えてください!!」

「!?ちょ、ちょっと大和!?」

俺は即座そくざひざまずき、手を開いて地面につけた。
人に頼み事をする時にする時の必殺技ひっさつわざ!その名も

『綺麗すぎるほどの土下座(_\○_オネガイシヤァァァァァス!!)』

その必殺技により、理子は

「わっ、分かったから顔を上げて!」

と、とてもあわあわしていた。

「ほっほんとか!!ありがとうございm」

その時、突風とっぷうが吹いた。なんの前触まえぶれもなく、突然とつぜんに。

理子のいていたスカートがまくり上がる。
水色の布が見えた。
それがなんなのか、答えは明白だった。
そう、それは






理子のパン○ィー女の子の下着』だった。

俺は理子に顔を上げてと言われたため、バッチりそれは見えていた。

理子は顔を真っ赤にして、ふるふるとふるえていた。

「え、えと・・・その・・・に、似合ってる・・・ぞ?」

俺は咄嗟とっさにそういった。

「・・・こ、こ、こんの・・・」

「ぅえっ?」

「こんのエロ大和ーーーーっ!!!」

「ぎゃわーーーーっ!!」





俺は理子にボコボコにされた。何故だ・・・。

それに、今更パン○ィーくらいどうってことない気がするが・・・昔は一緒に風呂ふろはいってたんだし。


大和死すべし。by作者

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く