女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

22話 マンネリ化だけは避けたい(切実)




部屋にゲーム機を置くことを許可された次の日の放課後。俺は内心どんなゲームをするのかとわくわくしながら遊戯室ゆうぎしつへと足を運んでいた。

その途中、

「せんぱ~~~い!」

という声がして、振り向くと、そこにはかわいらしい笑顔でこっちに走ってくる、奈緒の姿があった。一応言っておくが、かわいいとは思ってない。あくまで「かわいらしい」だ、うん。

「おう、奈緒。どうした?」

「私は遊戯室に向かっているのですが、先輩もなのですか?」

「あぁ、そうだけど。」

「じゃあ、一緒に行きましょうなのです!」

「別にかまわないぞ。」

「ありがとうございますなのです!」

そうして、俺と奈緒は部屋に向けて歩き出した。その最中さいちゅう

「なぁ、奈緒。あいつら、なんのゲームをするつもりなんだろうな?」

「さぁ?浦鉄うらてつ(浦島太郎電鉄うらしまたろうでんてつ)でもやるんじゃないですか?」

「それ、PlayStudy3のソフトにあったっけ?」

なんて、他愛もない話をしていると、部屋の前についた。

「ども」「こんにちはなのです!」

そう言って部屋に入ると、

「「what!?」」

すごい量のソフトが山積みになっていた。

「あ、大和。それに奈緒も。」

「こんにちは。」「どうも♡」

3人がそれぞれ返事をする。

「なっ、おい、このソフトの山はなんだ!?」

「すごく・・・多いのです・・・」

「これはね、ゆりりんが持ってきてくれたんだ~」
 
「ゆ、ゆりりん?」

「私のことですよ。まぁ、正確にはこの部屋まで持ってきたのはお父様ですけど」

「百合野さんか・・・。てか、かわいそうに、校長・・・。娘にこき使われて・・・」

「あら、そんなことはなさそうでしたよ?むしろ、少し喜んでて、気味が悪かったくらいでしたもの」

「校長ェ・・・」

「まぁまぁ!そんなことはどうだっていいじゃない!で、どれをやろうか迷ってるんだよね~」

「理子、悩むのはいいが、この量、どうするつもりだよ?遊戯室ここにはおけないだろ?」

「そのへんは大丈夫だよ。中守先生が、無理言ってとなりの部屋を物置ものおきとして借りてくれたんだ~」

俺は心の中で先生に手を合わせた。きっと、理子と聖菜アホ2人に弱味でも握られたのだろう。お疲れ様です。

「あー、そう言えば」

「どうしたんです?百合野さん。」

「あ、前から思ってたんだけど、私のこと、呼び捨てでいいですよ。同級生なんだし。あと、下の名前でお願いまします。」

「わ、わかった。で、雫?どうしたんだよ?」

「わたしここまでもってきたからつかれたなー」

棒読ぼうよみすぎ乙」

「なにかねぎらいでもないのかなー」チラッチラ

「・・・はぁ、わかったよ。」

俺は雫のところまで行き、頭をでてやった。

「はいはいよくがんばったー」

「棒読みすぎ乙」

「お前もだっただろうが」

「なんと」

「今気づきました感だしても遅いぞ。」

そう言いながら、俺は雫から離れた。

少しの間、雫は

「えへへ・・・大和くんからなでなで・・・えへへ・・・」

などと言いながら、自分の世界に入っていた。


ゲーム?次の話でな。

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 頑ななレタス

    作者センスありスギィ!

    1
コメントを書く