女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

20話 とっても鬱で候う(ガチ)




今日は1年で数回ある、学校生活の中で最悪さいあくな行事である。何かって?
夏休み前最後のテストです、はい。
しかも今年は、同好会だの、妹のことだので全然勉強出来ていない。はい、終わったら\(^o^)/

俺はいつもよりだいぶうつな気持ちで家を出た。すると家の前には、

「遅いよ大和!早く行こ!」

と、いつもより楽しそうな理子がいた。畜生ちくしょう、頭が良い奴はいいよな・・・。

「はぁ~~~・・・。」

「どうしたの大和、そんな大きなため息ついて。ため息は幸せが逃げていくんだよ?」

「うるせぇ~~・・・。あなたには分からないでしょうね!!」

「あー、もしかしてテストのこと?大丈夫だよ、今回のは簡単かんたんだから」

「お前の簡単と俺の簡単は違うんだょ~~・・・。」

「うーん、じゃあさ!今のうちに少しでも勉強しよう!」

そんなことをいってきやがった。

「やめてくれ・・・もっと鬱になる・・・。」

「勉強してなくて、後々とっても鬱になるのは嫌でしょ?」

「うぐっ・・・。」

痛いところをついてきやがった・・・。

「じゃあ、勉強しよう!大和、なにが1番苦手にがて?」

「国語。」

「国語?」

「あぁ、国語。」

「・・・なんで?1番簡単だと思うんだけど・・・」

「いやさ、数学と化学はまだ好きなんだが、国語はどうもダメで嫌いなんだよな。正しいのがどれかなやんでたら、どれも不正解ふせいかいというオチでs」

「それ以上はいけない」

「ま、まぁ、国語が苦手なんだよ。」

「・・・そう。まぁ、いいや。で?どんな所が分からないの?」

「・・・全部。」

「はっ?」

あれ、俺なんかまずい事言った?理子の顔がすごい険しくなったんだが・・・。

「・・・と、とりあえず、国語は捨てよう、うん。」

「え、捨てんの?」

「誰のせいだと思ってんの?」ゴゴゴ

「す、すみません・・・」

なんであやまってんだ?俺。

「じゃあ、世界史は?」

「第一次世界大戦当たりからしか知らん。」

「なんで逆にそこからは分かるの・・・。」

「俺の名前、なんだと思ってんの?」

「あぁ・・・そういうことね。大和の家系、男は全員、軍艦とか戦車とかの名前だもんね・・・。」

「おう。」

理子の言う通り、俺の家系は、俺が「戦艦 大和」から。父さんが「航空母艦 蒼龍」から。じいちゃんが「八九式中戦車」(じいちゃんのなまえは八九はちきゅう)から、というように、軍のものの名前が由来ゆらいしている。

「じゃあ、それ以降の世界史やろうか。」

「おけ。」

そうして、俺は理子に叩き込まれた。


そして、テスト返却後。皆まで言うな・・・分かってた、分かってたよ・・・1日じゃどうにもならないことくらい・・・。
理子には「ど、どんまい・・・つ、次があるって・・・。」と、苦笑いされた。ちなみに聖菜はいいとも悪いとも言えない、中間だった。


ちくしょーーーめぇ!!!


テストなんて消えてしまえ。by作者

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベル読者hさん

    野々村w

    1
  • アホの子は俺だ!

    ちょいちょい作者出てきてわろす

    3
  • ノベルバユーザー205362

    ロストワンの〇〇w

    6
コメントを書く