女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

12話 ありきたりの王道なんて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
科学室が爆発した3日後。やっと復旧が終わり、登校日となった。その日、俺は昼飯を忘れてしまった。というのも、俺ん家は、母さんが弁当を作ってくれている。が、今日から学校だというのを忘れており、作っていなかった。文句は言えないが、おかげで購買に行かなければならなくなった。

購買は小さく、スグに売り切れてしまう。そのため、急がなければならなかった。3時間目の終了のチャイムがなり、急いで購買に向かった。俺の教室は4階にあり、購買は1階。そのため、走って向かっていた。
走って廊下を曲がろうとしたその時。何かに、いや誰かにぶつかってしまった。
「わっ!」「きゃっ!」ごちん
「「~~~!!」」声にならない痛みに2人ともうずくまってしまった。どうやら、女の子とぶつかってしまったらしい。廊下の曲がり角で女の子とぶつかるなんて、なんとありきたりな。とりあえず、土下座することにした。
「ご、ごめんなさい!」がばっ
「い、いえ!私もすみませんなのです!」がばっ
気がつくと、その子土下座していた。
俺が顔を上げると、その子と目が合った。
茶色い髪のショートヘア。清楚な顔たちだった。
俺もその子も立ち上がり、お互いに改めてあやまった。
「俺は2年の稲木大和です。ごめんなさい、ほんとに。」
「いえ、大丈夫なのです。私は1年の長実奈緒なのです。」
何故か顔を赤くし、名前を教えてくれた。全体を見た時にふと思った。うーん、ぺたん娘。

その後、その子とはなにかあったというわけではなく、そのまま別れ、俺は購買に行った。案の定、殆ど無くなっていたが、「添加物たっぷりのもはやいじめとしか思えないパン」という、クソみたいに添加物だらけのパンを買い、食った。

そして、放課後。同好会に行こうとした時だった。後ろから誰かに見られてるかのような感じがした。でも、振り返っても誰もいない。気のせいかと思い、また前を向いて進むと、また視線を感じた。
仕方がないと思い、そのまま部屋の前まで行き、無視をすることにした。

「遅かったね、大和くん。」「大和、やっときた~」
「大和くん、遅かったですね。さぁ、私とイチャイチャしましょ?」
「ああ、すまん。ちょっとな。」
百合野さんの言葉は無視して席に座る。
「で、今日はなにするんだ?」
「ふふふ・・・今日はね・・・っとごめん、ちょっとお手洗い・・・」
「ん、あぁ。」
そう言って聖菜がドアを開けた時だった。
「わぁぁぁ!?」
と、どこかで聞いたことのある声が聞こえて来た。
ドアの方を見ると、茶髪の子が床に突っ伏していた。あの子は・・・
「いたた・・・」
「あなた、誰?見た所、1年生のようだけど。」
「あ、はい。1年の長実奈緒なのです。」
「そ。私たちは2年。あんた、ずっと大和のことずっとみてたでしょ。なんのつもり?」
なんか、聖菜、怖くね?
「大和様・・・!」「「「「様!?」」」」
「私と大和様は運命的な出会いをいたしました。ろうかの曲がり角でぶつかるという、とてもラブコメな出会いなのです。」
「ヤマト?」「ヤマトクン?」「ヤマトクン?」
「え・・・と・・・は、ははは・・・。」笑うしかなかった。
だって怖いんだもん!なんなんだよ、こいつら!

その時、
「大和様をいじめちゃダメなのです!」
と、長実さんが助け舟をくれた。助かった・・・
「大和様は私の・・・殿方です!誰にも渡さないのです!」
前言撤回。穴ぼこだらけの泥舟だった。
ほかの3人の額に青筋が・・・ひっ。
「へぇ・・・そんなこと言っちゃう?」
「ぽっと出の新キャラが・・・ねぇ?」
「1年のくせに・・・大和くんに触れていいのは私だけ・・・」
「雫ちゃんにも渡さないよ?大和はわたしのだもん」
「何言ってるの?大和くんは私のだよ?」
「何度言えばわかるのですか!大和様は私の殿方なのですよ!異論は認めないのです!」
皆さん、俺、帰っていいっすか?
4人の喧嘩が怖すぎる・・・。
・・・ん?そうだ!

「なぁ、長実さん」
「奈緒」
「あ、おう。奈緒はさ、俺と居たいのか?」
「もちろんなのです!」
「ちょっと?」「大和くん?」「何言ってるの?」
怖ぇ。
「ならさ」

「俺らの同好会に入らないか?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新キャラです、はい

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • もみクロ

    下手に変な落ちをねじこもうとしたりしておらず
    他の小説よりも文がしっかりしていて面白いです!

    爆発オチは草不可避ww

    1
  • 白川真波

    こんにちは!楽しく読ませていただいてます!
    表現上の誤りを見つけました
    「ぱっと出」→「ぽっと出」ですよ

    2
コメントを書く