女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

11話 最低なオチに悪意を込めて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
部室というか、活動室の整頓や家具の配置をやった次の日。学校が臨時休校になるほどの大事件が起きた。授業中に。どうしてこうなったかって?誰がやったのかって?
はは、大体わかるだろ?

事件が起きたのは4時間目。お昼のあとの最初の授業。中守先生が理科の担当なため、なんとなく嫌な予感がしていた。今日の授業は、「班で科学的なものを作ろう」という、どう考えも、先生がらくするための単元だった。ま、それで事件が起きたんだから、先生はもっとめんどいことになったんだがな。(´・∀・`)ザマァ

俺の班は、もちろん俺とアホ2人。何を作るかとなった時に、聖菜が「私作りたいのがあるんだ~。この前調べたから大丈夫!」と言っていたため、とても怖かったが、信じることにした。信じなきゃよかったと後悔した。

そして、4時間目。聖菜が持ってきていたのは・・・キノコと草とマッチだった。
「・・・なんだこれ?」
「こっちのキノコはニ〇ロダケ。こっちの草は火〇草。これはマッチ。」
「いや、名前聞いても分からないんだけど・・・いや、マッチはわかるけど。何処から採ってきたの?それ。」
「なんか生えてた。調べてみたら、調合すると科学的なものになるとか。」「・・・ほんとかよ、それ・・・ミスったらどうすんだよ?」
「私の辞書に、不可能という文字はない!」
「常識という文字もないけどな」
そんなことをいいながら、渋々、聖菜の言う通りにした。(因みに、ほかの班は水素を作り出していたり、酸素を作り出していたり、ガスバーナーでなにかを炙ってたりしていた。)

少し時間が経ち、先生が「みんな出来た?できたら持ってきて~」と言ったため、ほかの班は続々と先生の元に行った。俺らの班は少し遅く、1番最後になってしまった。
「大和くん達は何を作ったのかな?」
「これです!」と、聖菜が元気に先生に渡した。
「・・・えーと・・・聖菜ちゃん、これは?」
「まーまー、ちょっと待ってくださいよ。これからですぜ、旦那」といいながら、マッチを取り出した。
「マッチ?」「はい、マッチ。」シュッ  ボウッ
炎がつき、聖菜の指先が明るく照らされた。
「これを入れマース!」
そう言って、キノコと草の入ったビーカーの中に、火のついたマッチを放り込んだ。
火がキノコと草に触れた次の瞬間。
大爆発を起こした。

「・・・は?」「・・・え?」「・・・ふぇ?」
全員、気の抜けた言葉を発した。だって、比喩とかでなく、真面目に目の前で大爆発したから。

その後、消防車や救急車などを呼んだ。どうやら、聖菜が持ってきていたのは爆薬の材料で、さらに、ほかの班で水素などを作ったせいで威力が上がり、大爆発を起こしたとの事だった。奇跡的に誰も怪我は無かったが、一番近くにいた先生はのびてしまった。

なんでこうなった・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・はっ!
「おい作者」
(なんだよ、呼ぶんじゃないよ)
「なんだ、この最低なオチは」
(すまん、ネタがなかった☆)
「よし殺す」
(いや、ちょ、まて、ぎゃぁぁぁぁぁ!!!)
ピチューン

「・・・おい、理子。」「・・・なに?」
「聖菜も。」「・・・?」
「作者に言うこと、あるだろ?一緒に言おうぜ」
「「・・・うん!!」」
画面の前の皆さんもご一緒に!せーの!

「爆破オチなんてさいてー!!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ほんとうにネタがなかったんです。すみません。

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • スザク

    モンスターハンt.....

    1
  • ko-suke

    そうだよ(便乗)

    あ、本当に東方大好きです、はい。

    1
  • 颯★改

    ピチューンとは作者さん貴方さては、東方ファンだな?

    2
コメントを書く