女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

5話 同好会なんて知らない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ねぇ!この3人でさ、同好会作らない!?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・は?
風上聖菜から発せられたその言葉に、俺は動揺を隠せなかった。同好会?一体なんの?登下校だけじゃなく、同好会でも俺は2人に睨まれなきゃいけないの?そんなの、嫌に決まってるだろ。さて、どうにか言って聞かせな
「ダメです(ヤーマン)」いと・・・ん?
「・・・あなた、誰?」「・・・どなた?」
2人はキョトンとしている。だが、俺だけはこいつを知っていた。
黒髪で、巨乳の。
そう、俺が朝に助けた、ナンパされてた女の子だった。

「朝はありがとうございました。私は百合野雫(ゆりのしずく)です。」
「あ、ご丁寧にどうも。」
「大和、知り合い?」
「知り合いというか・・・朝にちょっと色々あってな。」
「へぇ・・・いろいろ、ねぇ・・・。」
「・・・怪しい。どんなヤラしいことしたのかな?大和くん?」
「してねぇよ!」
「べ、別に・・・この人となら・・・。助けていただいたし・・・。」
「百合野さんも何を仰っているので!?」
「大和・・・」「大和くん・・・」
「やめろ!その目をやめろ!俺は一切、そんなことはしてない!」
「・・・。」「・・・。」
「やめてください死んでしまいます」
「まぁ、冗談はおいといて。」
そういう冗談はシャレにならんからやめて欲しいのだが。まぁ、ここはあえて言わないけども。早く話を進めたいし。(メタ)
「なんでさっき、ダメって言ったの?」「そうだよ、理由は何?」
「それはですね・・・」ごくり。

「さっき、3人でって言いましたよね。それじゃ、私が入ってないじゃないですか。」は?
「私もはいりたいんですよ」え?
「私だって、大和くんとヤラしいことしたいですし。」
「ちょっと何言ってっかわかんない。」
いきなり何を言い出すんだ、こいつは。
「え?大和くんとイチャイチャしようっていう同好会じゃないんですか?」「違うわ、アホ。」
「それいいね!そうしよう!」「ヤダ」
「じゃあ、名前は、ハーレム同好会ね!」
「そんな名前で通るか!」「えー」えー、じゃねぇよ。
「ハレム同好会ではどうですか?きっと先生もきづかないでしょう。」「あんたはうちの先生をなんだとおもってるんだ。」

結局、百合野さんも同好会に入ることになり、一層、空気が悪くなるのである。胃が痛てぇ・・・。

何故かは知らんが、俺が先生に同好会を作りたいと言うことになった。大丈夫だ、きっと先生なら、ダメって言ってくれるだろう。これで万事オーケーよ!
なのに
「大和くんに聖菜さん、理子さん、あと百合野さんだっけ?その4人で同好会を作りたいんだね。わかったよ!」
「いや、いいんです?女3人のなかに、男1人ですよ?」
「いいんじゃないかなぁ。聖菜さんとも仲良くやってるみたいだし。」そういう問題ではないことを、先生はきっと気づいていないのであろう。くそう・・・。

そんなこんなで、「ハレム同好会」が出来上がってしまったのである。先生、何故気づかないんだ・・・。(泣)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フォローしてくださった皆さん、本当にありがとうございます!出来るだけ早く、投稿できるようにします!

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • akebono

    これは面白いw

    1
  • みんな文豪作品好き?

    レ・ミゼラブルが少し入ってて笑う

    1
  • ゆか!

    面白い!

    1
コメントを書く