女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

2話 小さな親切、大きな災難

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
忘れもしない、4月15日。いつも通り、理子と学校へ向かっている途中。なんとなく右を見た時、1人の少女がキョロキョロしながら地図を見て唸っていた。本当は通り過ぎようとしたんだが、これもなんとなく、親切に教えてやろうとしたのが大間違い。

「あのー、どうしたんですか?」
そう尋ねると、少女はこっちを向いた。
銀髪で、目がくりっとしている、どこか抜けてそうな感じ。漢字二文字で表すと、「可憐」に当てはまりそうな人だった。

「あ、すみません。遠くから来たもので、この辺が全然分からなくて・・・。」
そう言いながら、地図を見せてくる。
その瞬間、呆気に取られた。なんでかって?
少女の
持っていた
地図が
上下逆だったんだよ!!!!
この瞬間、俺の中で少女の印象が「抜けてそう」から「抜け落ちてる、っていうかただのアホ」に変わった。

「あの。」
「はい?」
「上下逆だぞ、それ。」
「・・・・・・・・・あっ!?」
こいつ・・・アホだ!マジモンのアホだ!
「すみません!!ありがとうございます!」
少女は俺にぺこりと頭を下げ、走り去った。
「何だったんだ、一体・・・。」
変わったやつがいるもんである。その時、
「おーい、大和ー?何処ー?」
やべ、理子のこと、忘れてた。
このままじゃ・・・理子は完全に迷う!!
あいつは最強にして最悪の大の方向音痴なのだ。
この前も、一人でお使いに行こうとしたら、いつの間にか、スーパーの反対側の、街の端に居た、なんてこともあった。あの時は俺が偶然通りかかって、事なきを得たが・・・。
「ここだ、ここ。ごめんごめん。」
「もう、そこにいたの。てっきり、隣の市にでも行っちゃったのかと思ったじゃない。」
そんなのはお前くらいだ、という言葉を喉元でぐっと抑え、一言、「さ、行こうぜ」とだけ言っておいた。

学校に着き、席に座って用意をしていると、俺らの担任の中守先生(美人)が教室に入ってきた。
「今日は、皆にお知らせがあります!」
ざわ・・・ざわ・・・
「このクラスに転校生が来ました!」
ざわ・・・!?ざわ・・・!?
「女の子です!」
いやっふぅぅぅ!!!やったぜ!!ktkr!!
クラスのやじ共がうるさいが、無視。
それより、転校生?また、微妙なときに。
どんなやつなんだろうなー、とこの時は考えていた。
「さ、入ってきて!」
先生の合図で転校生が教室に入ってきた。銀髪で、目がくりっとしていて・・・ん?
んん!?

「転校生の風上聖菜(かざかみせいな)です。よろしくお願いします。」

そう、俺たちの学校に転校してきたのは。

俺が道を教えた、あのアホであった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • HARO

    面白い!!

    2
  • エル

    僕もこんな出会いをしてみたかった...w

    3
  • ノベルバユーザー239763

    なるよねー見たいな。
    面白すぎて禿げる

    2
  • ノベルバユーザー232397

    いや、これ面白い!w

    3
コメントを書く