女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが

ko-suke

1話 思い立ったが凶日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
俺は今、女の子に囲まれている。
いわゆる、ハーレムというやつだ。
銀髪でショートヘアの子が俺を上目遣いし、
黒髪の巨乳が右の腕を組み、
茶髪のぺたん娘が左の腕を組む。
さらには、こげ茶くらいの髪の幼馴染が後ろから抱きついている。
あぁ、本当に本当に・・・

どうしてこうなったんだよ!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
落ち着け俺、まだあわてるような時間じゃない。
1つ1つ、紐を解いていくんだ。
っと、まずは自己紹介だな。
俺は「稲木大和」。いなきやまとだ。
花咲高校2年生。性格、普通。身長、普通。体重、普通。頭の良さ、普通。運動神経は・・・まぁまだいい方だけど。まぁ、それにしても、どこをとっても、普通、普通、普通のなんの面白みもない人間だ。
部活は帰宅部。
彼女、無し。くそう・・・彼女欲しい・・・(泣)
ま、まぁ、とにかく普通すぎる人間なんだ。
俺の紹介はこれで以上。
えっと・・・あとは・・・。
普段の1日について語ろうか。
朝起き、飯食って、歯を磨き、支度をし、幼馴染と学校へ行く。授業受けて、帰って、宿題して、風呂入って、寝る。はい、終了。文字数稼ぎにも程がある。
一応、幼馴染にも触れておこう。
幼馴染の名前は、「沢松理子」。さわまつりこだ。
俺と同じく、花咲高校2年生。俺と違って頭が良く、テストでは学年トップ。全く、羨ましい限りだぜ。
まぁ、それ以外は普通だな。ま、簡単にまとめると、優等生ってこったな。
と、ここで皆さんは思ったことだろう。「いままでの話を聞く限り、ハーレムの予感なんてしないが、なんでハーレムなんか築いてやがんだ。」と。ふっ、聞いて驚け!いままでの話の8割は、関係の無いことなのだ!はっはっは!「時間返せ」?知らんな。
まぁ、どうしてハーレムになったのかって言うと・・・

ある女の子を助けたら、こうなりました

としか言いようがないんだよなぁ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「女の子を助けたら いつの間にかハーレムが出来上がっていたんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • エル

    僕も女の子助けてみようかなw

    3
  • マッキーマン

    幼馴染がいる時点でもう普通じゃないんじゃないか説

    6
  • アニメ好き不登校

    新しいイラストいいですね!

    1
  • ノベルバユーザー239763

    名前にふりがながあって嬉しいです(*´▽`*)
    読みやすくてこれは、作者さんの優しさで埋もれてます((((((*'ω'*≡*'ω'*≡*'ω'*)))))

    3
コメントを書く