ろーともっ!

ノベルバユーザー136995

暗い俺の人生

“目の前が真っ暗になった”
小学生の時にハマった某人気ゲームのあのセリフが自然と浮かんできたのは、不合格通知のハガキが家に届いた時だった…

 お気付きの皆さんがたいていだろうが、俺一之瀬 悠斗いちのせ ゆうとは希望していた大学は全て落ち晴れて“浪人生”となったのだ。

「はぁ…終わった」

俺は脱力感でいっぱいになった。頭の中は真っ白で受験勉強して覚えた単語が頭の中から抜けていくようだ。

数時間何も考えずひたすら不合格通知のハガキをじっと見ていた…

「なんて親や友達に説明しようか…浪人なんてダサいよな。いっそ、就職しようかな…」

そんな事が空っぽの頭ん中に流れ始めた。

「しかも明日はよりにもよって卒業式だ。なんて高校だ。浪人生の気持ちなんて1つも考えてない高校だな。俺のようにどれくらいの浪人生が悩まされて来たんだろ…」

そんなどうにもならない現実を自分の母校に当てつけのように必死に当たりながら自分の浪人した現実から逃げようとしていた。そんな自分が馬鹿らしく思えてきて…ふいに時計を見た時、時計の針は1を刺していた。

「そろそろ寝るか。」

俺は暗い闇の中へと眠りについた。






なんか暗くなったけどこっからラノベぽく明るくしていきますwww応援よろしくお願いしますm(._.*)mペコッ




「ろーともっ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く