かわいい俺は世界最強〜俺tueeeeではなく俺moeeeeを目指します〜

ヒイラギ ソラ

5話 と思いきや似非清楚です

「あ、昨日の方ですか。おはようございます」
「ああ。おはよう」

 人っていうのは一度認識するどうにも意識がそれに向いてしまうもので、アレンもどうやらこちら気がついたようで、私は丁寧に挨拶をした。もちろん、これは偶然の再会なんてロマンチックなものではなく、私の意図したプラグマティックなものだ。運命なんてものは自分の手で演出するものだ。

 そんなわけで私はアレンと再会していた。ハニートラップ作戦第2段階に移行だ。これは、私からはどうしようにもできないので、アレンが私をどれだけ気に留めているかが鍵になる。

「昨日は本当にありがとうございました。それなのに直ぐに立ち去ってしまって、私ったら」
「本当に気にしなくていい。それよりも今日は時間は大丈夫なのか?」
「はい。今日はお休みをいただいているので」
「そうか。それならこの後少しお茶でもしないか? 紅茶の美味しい店があるんだ」

 来た来た。アレンの方から持ちかけてくれた。これが重要だ。

 アレンの理想は『清楚で健気な街娘』。想像して欲しい、清楚そうな女の子がまだ会ったばかりの異性をお茶やら食事やらに誘う場面を。
 ここで確認しておきたい。清楚というのは、清らかですっきりとしたさまを指す。それから転じ、控え目で清潔感のある容貌。性格としては謙虚で慎ましく美しい所作をする女性を表す事になる。
 つまり何が言いたいのかというと。控え目なら自分から誘うことは早々にはない。というか、だ。清楚そうな女の子がガツガツと誘って来たり、それとなく誘うって、それは清楚じゃなくて、偽清楚。有り体に言っちゃうと、ビッチ系清楚ということだ。
 ……まあ私も、本物じゃないけど偽物でもなく、似非清楚なわけだけど。それはそれ。知らぬが華だ。

 少し話が逸れた、いや盛り上がってしまったが、清楚な私から誘っては駄目で、アレンに誘ってもらうことが重要だったのだ。

 清楚清楚。

「え、でも……。私なんかとですか?」
「ああ」
「その……。はい、構いませんよ」

 ニコッと頷いたらさぁレッツゴー。どんな美味しいものお菓子食べさせてくれるのかな? 



 ***



 アレンのエスコートで連れてこられたのは(そば付きの執事さんは外された)、私もこの世界に来てから行ったことがない、いわゆるブルジョアエリアなる場所の一画に構えられた、雰囲気の良い喫茶店だった。こんな場所に店を構えて客が来るのかと思いはしたのだが、思いの外客入りはよかった。というのもだ、周りから聞こえてくる声に耳を傾ければわかるのだが、商談に利用されているようだ。内容からしてかなり大掛かりな取引だったりして、ああ大富豪様方なんだなと納得した。

 そんな場所に女性をエスコートするのはどうかと思ったし、何よりも高級に程遠い街娘たる私が場慣れしていないことを想定はしていなかったのだろうか。
 という、私の疑問も、全ては目前に出されたケーキにより打ち砕かれた。

「っ! 美味しい……」
「よかった。ここは大きな商談に使われることが多かったりするんだけど、ケーキも絶品でね。口にあってよかったよ」
「こんなに美味しいもの、初めて食べました」
「ハハッ。それで、フィアナの話の続きを聞かせてくれないか?」
「はい」

 フィアナというのは私の名前だ。流石にカナデなんて実名で接近すれば、協会関係者であることを疑われてしまう。それに、この作戦を終えた時に理想が現実に足跡残してたら、その跡を辿られかねない。だから偽名を用いた。

 絶品の紅茶と美味しいケーキを満喫しつつアレンとの談笑もする。本当はケーキだけに夢中になりたいけど、いつもとは違うしそれは無理。
 いつもならロリっ子らしく純粋に美味しく食べていれば微笑ましたかったんだが、今はそうとはいかない。今は少しずつ、女の子らしく食べる。
 ここで意識することが、指先だ。女性と男性では手の使い方に若干の違いがあって、そこを意識すると一気に女の子らしくなる。あざとくなるとも言える。

「それは凄いな。俺もなーー」

 聞き役に徹する。非常に大事だ。アレンを立てるように話を展開し、それに相槌を打って、時折自分のことを話す。女性は秘密が多い方が魅力的だとはよく言ったものだが、要するに小出しするということだ。少しずつ出して、興味をもたせて、気がつかぬ間に嵌める。
 これはやる人によって大分印象が変わる事なのだが、それも私の容貌でやればそのままお淑やかと捉えられる。

 ほとんど聞き流し頭には入ってない。私は笑顔の裏で今日の夜メシは何に? なんて事を考えていた。
 だから、私はぼーっとしていて、急に視界に入った人影に小さく「ひっ」なんて声をあげてしまった。

「うん? どうかしたか?」
「い、いえ。あ、あの。私そろそろ行かなくちゃいけなくて」
「む、そうなのか? 仕事は休みなのだろう」
「そうなのですが。知人に会う予定でして」
「そうか。それは仕方がないな」
「すいません。でも、私凄く楽しかったです」
「ならよかった。次は、いつ会える?」

 次……。次か。うーん。あんまり連日会いすぎるのもおかしな話だし、少し日を跨いで、

「明後日なら、大丈夫ですが」
「そうか。なら、次は俺の家でゆっくり話をしよう」
「はい。あ、これ私の分のーー」
「いいよ。俺が払っておこう」
「そんな。昨日も助けていただいたのに、お金まで」
「いいんだよ。これは俺の気持ちだ」
「その、ありがとうございます」

 すいませんと言うほど卑屈になってはいけない。あくまで謙虚というだけだ。さじ加減を間違えては、それは別属性になってしまう。

「あの、今日はありがとうございました」
「俺も楽しかったからな」
「よかったです! それでは失礼します」

 店を出てアレンと別れる。見た目では不分相応の場所にいるためか、外に出ると奇異な視線が集まった。それを気にする事なく私は早歩きでその場を立ち去った。

 ……後ろに気配を感じる。ストーカー? なんてことはなく、これはまあ私の知る人のものだろう。
 そのまま歩いて、いや、微妙な距離の取り方に知ってる人とはいえ怖くなって、私はさらに足を早めた。
 ようやく目的地へと着いた。人通りの多い表通りから少し中に入った、滅多に人が来ない場所だ。念のために周りを警戒して、私はやっと気を抜ける。

 そして、

「カナデちゃーん」

 この作戦が始まってから、いやまだ2日目だけど、それでも明らかに過保護度合いが高まってるリディアさんが現れた。というか、後ろから抱きつかれた。とどのつまり、ストーカーはリディアさんだった。

「リディアさん」
「うん?」
「私、少し怒ってます」
「え? わ、私何かした?」
「なんで店の外からこっちをガン見してたんですか……」

 そう、俺が小さな悲鳴をあげたのはリディアさんの奇行にある。だってアレンの背中越しに見える血眼のリディアさんを見たら、そりゃビビるでしょう。

「だってーー」
「だってもありません。私言いましたよね? 少しでも作戦がバレる可能性を低くするために、リディアさんは別の場所で待機していてくださいって」
「あ、いやでも、その、あのね?」
「ふんっ!」
「っ! ? そ、んな……」

 うろたえるうろたえる。……なんか、ほんっとうにリディアがポンコツだ。まあ扱いやすくていいのだが。

「『理想は夢想となり消える』」

 これが理想変化を解く言葉。これを言わない限り、理想変化が解けることはない。ただ理想変化中は魔力なるものを微々に使っているので、いつかは自然と解ける。
 このタイミングで解くのは、ちょっとした意地悪だ。リディアさんは私が理想変化して姿も好きらしいけど、反応を見る限り元の俺の方が好きだ。だから、

「約束を守ってくれないリディアさんは、嫌い」
「……」

 あ、灰になった。

「だから約束、守ってくださいね」
「はい……」
「じゃあ着替えたら一度協会に行きましょう。少し進展があったので」
「うん。これ着替えね」
「ありがとうございますリディアさん。心配は嬉しいですけど、ほどほどにしてくださいね?」
「っ! うん! 」

 飴と鞭、上手く使うのは得意だけど、リディアさんは本当にどハマりしてくれるな……。将来が心配です! 



「かわいい俺は世界最強〜俺tueeeeではなく俺moeeeeを目指します〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く