あえて鈍感のふりをしてみた

山田太郎

10話

〈裕太視点〉

「ゆーくん何点ー?何位ー?」

「うるさい、夕姫より低いから。」

今日、この間やったお迎えテストが返ってきた。
英語、数学、国語総合、理科系選択2教科で俺は科学と物理で計400満点テスト。
英語は96だが、他がやばい。数学60、国語総合53、理科42。計251点。
平均は230らしい。

「ふっふーん。あたしは385点!」

化け物かよこいつ

「おぉ、なら首席かな?」

「うん!ゆーくんの代わりにね!って言えたらいいんだけどね、また次席。」

夕姫は、はぁっとため息をついて明後日の方向を向いた。

「なんでも、満点とった化け物がいるらしいよ。確か…安藤桜って子だったかな。」

「いやいやおかしいだろ、満点とかまじかよ。」

「うんうん!あ、ゆーくんに勝ったからジュースおごって!」

は?なに調子こいてんだこいつ

「そんな睨まないでよー。いいじゃん!ね?」

上目遣いで手を合わせてお願いっとあざとく言ってきた。うぜぇ…

「はぁ、なに?」

「コーラで!」

「太っちまえ。」

そう言い教室を出て自販機に向かった。後ろからなんか叫ばれてる感じがするが、気のせい気のせい。





「んー、俺なににしよ、めんどいし俺もコーラでいーや。」

学校の自販機って安いよな。500mlコーラが120円とは…

自販機から教室に向かおうとしたが、何か違和感を感じた。

「ん?…あれ、ネクタイ的に1年生…あそこ2年生の教室の方向だけどどーしたんだろ。」

この校舎は他の学校とは変わった構造をしている。
北側が3年生、南側が2年生、中央が1年生という風になっている。そして特進クラスが1階と2階で進学クラスが3階と4階になっている。

そして1年生のネクタイをした女の子がキョロキョロしながら2年生の廊下を行ったり戻ってきたりしている。その女の子の身長はだいたい160くらいで、焦げ茶の髪のセミロング。

「んー、なんか見たことあるような…ん?目が合った。なんかすげー助けて欲しそうな目で見られてるんだが。」

その女の子は俺と目が合うと一瞬驚いたような顔をし、その後嬉しそうな顔をしてすぐに助けを求めている困っている顔をした。表情豊かだな。

「どーしたんですかー?まさか迷ったとかー?」

「!!………ち、違う。」

ちょっと冗談を入れて話しやすくしようとしてみたがなんだか図星だったみたい。
少し笑いをこらえながら女の子に近づいてみた。

「ほーほー、俺わかんないんだけどさ、君が今行こうとした所何年生の廊下?」

「?何言ってるの?私たちの学年…いや、嘘、3年生……2年…生?」

あ、うん、迷子だこれ。

「あ、あはは…どこに行きたいの?」

「…1-A教室。」

「あー、おけ。こっちだからいこ。」

てか、なんでさっきから顔赤いの…え、一目惚れ?まさかー…いや、なんかこれ春に似てる。

「…あの、私のこと覚えてる?」

上目遣いで心配そうな顔をして聞いてきた。

いや、どこかであったことがある気がするんだよなー…

あ!!!



   

〈裕太視点   回想 〉

今日は入試。だけどあまり緊張はしない。まあやれるだけやったし受かりはするだろう。

時間にかなり余裕を持って会場に着くことができ、指定の席に座り、とりあえず理科の用語など復習することにした。

少しすると俺の隣の席に女の子が座った。
その女の子はカバンから教科書やらノートやらを出して勉強を始めようとしていた。

「……っ!!!!」

その女の子が急に顔色を変えカバンの中を漁り始めた。

「ん?どうかしました?」

さすがに気になったから尋ねてみた。

「…ペンケースがない…」

「え!!」

女の子は今にも泣きそうな顔をしてカバンの中を見ていた。

「ねえ、家近い?」

そう聞くとフルフルと頭を横に振った。

「んー、物を貸すの禁止行為だしな。」

中には試験官がすでにいて、不正行為のないように見張っていた。

「どうしようかな…あ!そうだ!」

時計を見るとあと20分余裕ある。
試験官はこっちにはまだ気づいていないみたいだ。
女の子は涙目になって必死になってカバンの中や制服の中を探していた。

「ねえ、少し外に出よっか。」

「でも、時間的に家には帰れない…」

「いいからいいから!」

そう言って女の子を連れ試験会場から出て言った。試験官の人にはトイレと言っておいた。

そして校門を出たあたりで止まり女の子に振り向いた。

「さて、ここなら大丈夫だろう。」

「…何するの?時間ない。」

「ルールではさ、貸し借りはダメなんだよね。」

「そんなの当たり前。バレたら一発不合格。」

そんなの当たり前、時間の無駄と言うかのような雰囲気だった。

「うん、詰んでるよね。じゃあさ、自分のだったらいいんだよね?」

「?当たり前じゃないの?」

「うん、当たり前だね。だからさこれ。」

そう言って俺はシャープペンと消しゴムと替え芯を渡した。

「今貸し借りダメだって言ったばかり。」

「貸したんじゃないよそれ。あげたの。もう今受け取ってる時点でそれは俺のものじゃなく君のもの。だから君は自分の筆記用具を使って受験することになる。なんも問題ないしょ。」

予備の筆記用具持ってきておいて本当に良かった。

「!!そんなの詭弁だよ!ダメだって!」

「じゃあ君は落ちたいの?ここまで頑張ってきて、俺の隣ってことは特進クラスに入ろうとしてて、諦められるの?それに、詭弁だとしても一応違反はしてないよ?こういう時はありがとうって言って素直に受け取るべきだよー。」

「……ありがとうございます。助かりました。絶対に入学後にお礼しますので!」

「うん、楽しみに待ってるよ。一緒のクラスだといいね。」

「はい!」

結局この後何事もなく試験が始まり、そして何事もなく終わった。





〈裕太視点〉

「あの時の入試であった子だよね?」

「はい!!あの時は本当にありがとうございました!」

女の子は可愛らしい笑顔でお礼を言った。
やった…覚えてくれてた…とボソッと言っていたが聞こえてますよー。

「まあ同じクラスにはなれなかったねー。あ、ねえ、めっちゃ失礼なんだけど、君なんて名前だったっけ?あ、俺は水野裕太ね。」

「あ、安藤です。」

ここで1つアドバイス。好感度を稼ぎたい時こう言おう。感じ良くなるよ!

「あー、違う違う。えーと…安藤なんだっけ?」

「桜です!安藤、桜です!」

自分はあなたを名前で呼びたいのでの名字でなく名前を聞いているという感じが出たらよし。そしてそのまま女子の名前もナチュラルに呼べるというおまけつき。

ん?今安藤桜って…

「…ねぇ、桜。テスト満点?」

「あっ…///……はっ!はい、そうです。」

「まじか。すごいな。」

「えへへ…名前呼び…//」

あー、トリップしちゃってるし…てかあの時がフラグだったのか。

そうこうしているうちに教室に着いた。

「ねえ桜、よかったらさ今日お昼食堂で食べない?俺弁当だけど。」

まあこんな可愛い子に好意持ってくれてるのは普通に嬉しいしね。

「!!!はい!ぜひ!」

うん、完全落ちてるね。あー、どうしようかなぁこれ…
ひとまず春みたいに気づいていないふりしとくか。

「あえて鈍感のふりをしてみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • バジリス

    合計400万点になってますよ

    2
コメントを書く