あえて鈍感のふりをしてみた

山田太郎

8.5話

〈裕太視点〉

第二音楽室、軽音部はここを練習場として使ってるらしい。まあ空き教室も使ってるが。
人数は3年生4人、2年生5人ってとこ。
学年性別関係なく混合でバンドを組んでるらしい。しかもスリーピースを3つ。
スリーピースとはまあ3人組バンドのことだ。四人組バンドだと、リズムギターとリードギターだったり、ボーカルオンリーだったりとできるが、スリーピースはそれができない。本当に実力がわかりやすいものだ。高校生バンドだとかなり失敗するイメージある。

「俺ら以外に体験いなかったらやめよっかな。」

「そんなこと言わない!ほら!はいろ!」

といって、チューニング中の音が聞こえる音楽室に入っていった。

「お!新入生が、また2人きたぞ!」

「ほんとだ!やったね!しかも一人ギターケース持ってる!」

ギターとベースのチューニングをしていた男子生徒と女子生徒が騒いだことにより俺たちに目線が集まった。ちなみに、軽音部ではギターをコード弾けるだけで始めは重宝されるぞっ!始めはね。

「こんちゃーす。入部しにきましたー。一応俺はギター歴は今年で8年目になります。水野裕太です。」

「こんにちは!あたしも入部しにきました、近藤夕姫です!楽器は初心者ですが、よろしくお願いします!」

「おお!いいよいいよ!初心者大歓迎だ!なんたってこの部活9人中5人は初心者だからな!」

「てか、あの裕太って子8年って言ってたよね!この中で誰よりも上手いかもね。」

めっちゃ期待されてんだが。
すると、女の先輩が手を後ろで組みながら近づいてきた。

「ねえ、少しギター弾いてもらってもいいかな?」

「えっと、了解です。アンプ借りますね。」

そうしてペンギンを取り出して、チューニングをし、アンプと繋げ、音を確かめた。

「おお、手慣れてる。さすがって感じ。てかホワイトペンギンをナチュラルに出したのに驚きなんだけど。」

「俺は音叉なしでチューナー無しでチューニングしたことに驚いたが。」

…おかしいことかなぁ?おかしいですね。

「んじゃ、弾きまーす。」

いつも試し弾きをする感じでギターを弾いた。速弾きだったり、アルペジオだったりパワーコードで弾いたり、有名なロックの曲だったり、とある曲のソロギターをしたりとだ。

「ふぅ、こんな感じでいいですか?適当ですが。」

「すごいすごい!めっちゃうまかった!単音弾きすごい上手いし、ミュートも完璧!速弾きもミスないしほんとすごいよこれ!」

ありがとうございますと言い、隣を見ると口をポカンと開けている近藤がいた。

「おーい、近藤?」

「……はっ!いや、すごすぎるよ!素人目からしたらほんとにすごすぎるって言葉しかでない!」

「まあね、ありがと。」

さすがに8年間やってて下手くそだったらここ来ないわ。それかサバ読んで1年とか言っとく。

「失礼しまーす、入部しにきました。氷室太樹です。ドラムやってまーす。」

音楽室のドアが開き、そう言ってスティックケースを持った男子生徒が入ってきた。
身長は178くらいの黒髪の無造作ヘアで赤メッシュの入ってる人で、めっちゃセットに時間かけてそうというのが第一印象。メッシュかっけー。

「おお、これで新入生4人だね!しかもいい感じにギター、ドラム、ベースそろってるし!」

ん?ベースの子がいるのか?

「えっと、水野くんと近藤さんが来る少し前にきました。中谷沙耶です。ベースやってます。よろしくお願いします。」

身長は150…あるね、はい、だからそんな目で見ないでください。なんだろ、春に似てる。髪の色といい長さといい。身長が低いのも似てるな。守ってあげたくなる感があるところもそっくり。

「ねえ水野くん、もしかしてだよ?初心者あたしだけ?」

近藤が小声で言ってきたがそれは仕方ない。

「まぁそれはしゃーなしだね。とりあえず今んとここの4人でバンド組むことになるのかな?」

「そうだな。今のところはそうなるな。ところ  で水野?だっけ、お前はギター今手に持ってるしそうだろうが、こっちの子は?」

「えっと、初心者です。」

なぜ敬語。俺に話しかけてきた時のあざとさどこいった

「おけ。じゃあ必然的にボーカルかギターだな。」

「まあキーボはいきなりはきついかもな。近藤やりたいのある?」

すると近藤は目を輝かせた。あまりの気迫に一歩退いちまった。

「両方できる!?」

ギタボか…まあリードギターは俺がやればいいか。リズムギターやりたかったなぁ…
カッコよくね?しかもさ、あれある程度は誰でもできるけどそこからが壁が高いんだよね。そこを超えたらマジで違う。

「いいんじゃないか?ギタボなんて山ほどいるしむしろ普通ってくらいだしな。」

ワンオクとかは別だ。あの人は歌唱力の化け物だからあのままでいい。いや、あのままがいい。

「あの、水野くんボーカルのツインボーカルとかもいいと思う。私つい最近までカラオケ店で働いてたんだけど、水野くん歌すごいうまいから。」

ちょっと待て中谷ちゃん、何言っちゃってんのさ!

「おお!それいいな!高校生バンドでツイボかー!」

はいそこ、乗っかんなーい!氷室やめい!

「えっと、ツインボーカルってなに?」

用語に疎い近藤が聞いてきた。

「あぁ、ツインボーカルってのは簡単に言うとボーカルが2人のこと。ゆずとかコブクロとかがそうだね。ロックバンドでは…マンウィズってわかるかな?それみたいなの。初心者あるあるだけど、歌ってると演奏できない、演奏してると歌えないってのが多いしそういうことも考えるといいかもな。ツイボの高校生バンド少ないし。」

まあそうだけどさ…

「えっと、俺確定?」

「「確定!」」

中谷ちゃんと氷室が被せてきた。まじかよ…
そんなこんなでバンドがこんなにも早く決まりました。





初めての部活はとりあえず顔合わせと力量を知ること、最後に近藤にギターを教えて終わった。

自己紹介中に夕姫の「下の名前で呼び合おう!」の一声に反対意見もなく、メンバー全員下の名前、またはあだ名で呼ぶことになった。

「いやー、ゆーくん。ありがとねほんと。」

「ん、早くうまくなれよ。あした違うギター持ってきてやっから1日だけど大切にしろよ」

夕姫に俺のレスポールを1日貸すことになった。明日PRS SEカスタム24を持っていくのでそれを貸す。ちなみにギターケースは部活のやつを借りた。

PRSとはポールリードスミスの略で、これまたクソ高い。SEなら10万くらいだが、150万くらいするのだって普通にある。
だが、これはジャンク品のとこにあって弦張り替えたりボディを丁寧に拭いたり、修理すれば使えるものなので2万円で買った。
結果大成功だった。めっちゃ音いい。
あとかっこいい。

このようなことを夕姫に言ったらめっちゃげっそりした顔をされた。

「…ゆーくんってギターオタク。」

「なにを、これくらい常識。一応楽器店でバイトしてるしね。しかも今まで言ってきたのはギタリストなら誰もが憧れる有名どころだけだしね。ギブソンもグレッチもPRSも、あとフェンダーっていうくそ有名なのもあるし。」

更にげっそりされた。

「はぁ、もういいや。あ、もう家つくね。」

「そうだね、じゃあ俺はもう家に帰るかな。じゃ、また明日。」

ドアに手をかけ夕姫に手を振り、ドアを開いた。

「ただい…お、いらっしゃい。今帰るとこ?ちょうどそこにお姉ちゃんいるからね。
んじゃ、夕姫はせめてバレーコード以外は弾けるように練習しとけよー!」

「はーいゆー先生ー!」

「先生はやめい!」

ちょうど奏ちゃんが帰るようで、玄関で春に手を振っていた。ちなみにバレーコードとは簡単に言うと人差し指で全ての弦を押さえる初心者が挫折する難関ポイントだ。

「春ちゃんまたねー!おじゃましましたー!おねーちゃーん!かーえーろー!」

近藤姉妹が帰るのを見送り、家に入った。
昨日春がご飯作るとか言ってたがどうなんだろうか。

「そういえば、春ご飯作ってくれた?」

「あっ!」

そんなことだろうと思ってたよ。

「あえて鈍感のふりをしてみた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • バジリス

    ワンオク、、、分かってますねぇw

    4
コメントを書く